• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

LINEが法人向けチャット「LINE WORKS」開始、個人向けLINEとやり取り可能

金子 寛人=日経コンピュータ 2017/02/02 日経コンピュータ

 LINEは2017年2月2日、法人向けのチャットサービス「LINE WORKS」を開始すると発表した。個人向けのLINEと同様、スマートフォン(スマホ)にインストールしたアプリを介して、企業内の社員間などでチャットや音声通話、ビデオ通話などができる。価格(税別)は1ユーザー当たり月額360円から。

法人向けのチャットサービス「LINE WORKS」のスマホアプリ画面。個人向けの「LINE」とほぼ同じ使い勝手としたほか、LINE WORKSとLINEの会員がチャットすることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 同じ韓国NAVER系列のワークスモバイルジャパン(東京都渋谷区)が提供している「Works Mobile」を名称変更し、LINEとの連携機能を新たに盛り込んだ。個人向けに提供しているチャットサービス「LINE」のユーザーとの連携機能を備えており、企業内のLINE WORKSのユーザーとLINEの個人ユーザーが「友だち」になって、チャット形式でメッセージをやり取りできる。LINE WORKSのアプリは操作体系をLINEと共通にしており、ほぼ同じ使い勝手で操作できることも特徴に挙げる。

 LINE WORKSではこのほかメールや掲示板、アドレス帳、オンラインストレージといったグループウエアの機能も提供している。料金プランは「ライト」(1ユーザー当たり月額360円)「ベーシック」(同600円)「プレミアム」(同1200円)の3種類があり、使える機能やオンラインストレージの容量などに違いがある。利用料を月払いでなく年払いにすると割引になり、例えばライトは同300円相当になる。

 LINE WORKSのIDとLINEのIDは別々になっており、LINEの既存ユーザーがLINE WORKSを使いたい場合は勤務先企業を通じLINE WORKSのIDを作成する必要がある。スマホアプリもLINE WORKSとLINEは別々になっている。

 新サービス発表の記者会見でLINEの出澤剛代表取締役社長CEOは「既に多くの企業が消費者とのやり取り、マーケティングにLINEを利用している。売上高の約4割が法人からになっており、今後も強化していきたい」と語り、LINE WORKSによる法人向け事業の拡大に期待感を示した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る