• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

2016年の中国スマホ市場、地場メーカーのOppoとvivoが急成長

小久保 重信=ニューズフロント 2017/01/30 ITpro

 香港の市場調査会社、Counterpoint Technology Market Researchが現地時間2017年1月27日までにまとめた中国のスマートフォン市場に関する調査によると、2016年第4四半期(10~12月)における同国の出荷台数は前年同期から12%増加、前の四半期から9%増加した。これにより同国におけるスマートフォンの年間出荷台数は過去最高を更新した。

 2016年第4四半期は、米Apple、中国Oppo Mobile Telecommunications(広東欧珀移動通信)、中国Huawei Technologies(華為技術)、中国Xiaomi(小米科技)をはじめとする主要メーカーがそれぞれ旗艦モデルの新製品を投入し、スマートフォンの需要が高まった。

 ただし年間出荷台数を見ると、前年から順調に伸びたメーカーは、Oppo、vivo(維沃移動通信)、Gionee Communication Equipment(金立通信設備)、Huawei、Meizu Technology(魅族科技)といった中国メーカーにとどまり、これら5社の合計シェアは58%に達した。とりわけ、Oppoは前年比109%増、vivoは同78%増と急成長した。これに対し、2015年に好調だったXiaomiとAppleの出荷台数はそれぞれ22%と21%減少した。

 1年前のメーカー別年間出荷台数シェアは、Xiaomiが14.9%、HuaweiとAppleがともに14.3%で、このあとvivoの8.4%、Oppoの7.8%、韓国Samsung Electronicsの7.7%と続いていた。

 これが2016年は、Huawei(16.4%)、Oppo(15.5%)、vivo(13.9%)、Xiaomi(10.9%)、Apple(10.4%)、Samsung(6.9%)の順となった。

 このほか2016年の中国における、スマートフォンの機種別販売台数ランキングを見ると、Oppoの「R9」が首位となり、これに、Appleの「iPhone 6s」、Huaweiの「HONOR Joy 5S」、Oppoの「A33」、Xiaomiの「Redmi Note 3」と続いた。AppleのiPhoneは、2012年以来同国の機種別販売台数ランキングで首位を維持していたが、2016年はOppoに首位の座を明け渡した。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る