• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
速報

世界のIT支出額、2017年は2.7%増にとどまる見通し、予測を下方修正

小久保 重信=ニューズフロント 2017/01/13 ITpro

 米Gartnerが現地時間2017年1月12日に公表した世界のIT支出に関するリポートによると、2017年の年間支出推計額は3兆4640億ドル(398兆2907億円)となり、前年比2.7%の伸びにとどまるという。これに先立つ昨年10月に同社は2017年の世界IT支出額が前年比で2.9%増加すると推計していたが、今回のリポートでこれを下方修正した。

 同社のリサーチバイスプレジデント、David Lovelock氏によると、クラウドやブロックチェーン、AI(人工知能)といった主なIT技術に対する支出は引き続き増加しており、2017年は回復の兆しを見せていた。「本来ならば、これらがIT支出の伸び率を2.7%を上回る水準に押し上げるはずだった。しかし世界的な政治の不透明さが起因し、企業は様子見姿勢を強めている。これがIT投資の抑制につながっている」(Lovelock氏)。

 2017年の支出推計額を分野別にみると、「企業向けソフトウエア」が3550億ドルで、前年比伸び率は6.8%と最も高くなる見通し。「ITサービス」も同4.2%増の9380億ドルと、堅調に推移すると同社は見ている。このほか、「データセンターシステム」への支出額は同2.6%増の1750億ドル、世界IT支出全体の約4割を占める「通信サービス」は同1.7%増の1兆4080億ドルとなる見通し。

 一方、パソコン、携帯電話、タブレット端末などの「デバイス」は5890億ドルとなり、前年比ほぼ横ばい(0.1%増)にとどまるという。ただしこの分野では、パソコンの買い替え周期、高価格帯ウルトラモバイル(薄型軽量ノートパソコン)の性能向上、価格競争といった要素が手伝い、2018年には回復すると同社は分析している。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FinTechの知財】

    FinTechビジネスに特許は必要か?

     関連するニュースを見ない日はないほど、FinTechが盛り上がりを見せています。そのような中、ビットコインなどの仮想通貨が注目されていることもあり、銀行法や資金決済法等の金融法に関する議論は多くなされていますが、知財、とりわけ特許に関する議論はあまりなされていません。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る