• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

富士通、ウェアラブルセンサーで熱中症を把握するクラウドサービスを開始

日川 佳三=ライター 2017/01/12 ITpro

 富士通は2017年1月12日、ウェアラブルデバイスで作業者のストレスや健康状態を監視するシステム製品「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」を強化し、2月上旬からSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)形式で提供すると発表した。価格は個別見積もり。必要な機材や環境をレンタルして運用イメージを確認できるトライアルパックも提供する。

安全管理支援ソリューションの概要
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 熱中症などの発生を把握しにくい建設業や製造業の現場において、作業者の状態や位置情報をリモートで把握するためのシステム製品である。作業者に装着したセンサーデバイスで温湿度と脈拍を計測して解析することによって、一人ひとりの熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定する。あらかじめ設定しておいた通知条件に該当した場合、管理者にアラームを通知する。

 今回、データを収集して分析するサーバー機能をSaaSとした。ユーザー企業側でのシステム開発が不要となったため、導入が容易になった。クラウド化に合わせて機能も強化しており、例えば作業グループや作業者数の増減といった現場の状況に応じて、ユーザー側で簡単に設定を変更できるようにした。

 機能強化版ではこのほか、作業者の状況をWebブラウザーで確認できるようにした。従来のように作業者一人ひとりのアラームを通知するだけでなく、アラーム発生時の位置や対応状況などを現場ごとに把握できるようにした。

作業者状況把握画面(安全監視サマリー)
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]
作業者状況把握画面(アラーム対応サマリー)
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 データ出力機能も追加した。アラームの発生状況や対応状況、作業現場の環境情報など、取得したデータを項目ごとにCSV(カンマ区切り形式)データで出力できる。報告書の作成やデータ分析などに活用できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る