• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

富士通、旧日揮情報システムの設備保全管理ソフト「PLANTIA」を販売

日川 佳三=ライター 2017/01/11 ITpro

 富士通は2017年1月11日、工場の設備といった現場機器の保全業務を包括的に管理できる設備保全管理ソフト「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」(PLANTIA)を発表、同日出荷した。システム構築サービスと組み合わせて提供する。ソフトウエアのライセンス価格(税別)は、250万円(5ライセンス)から。

機器台帳管理の画面
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]
日常点検のグラフデータ画面
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 PLANTIAは、2016年3月に富士通グループに加わった富士通エンジニアリングテクノロジーズ(旧社名は日揮情報システム)のソフトウエアである。35年以上にわたる、180社360サイトを超える導入、運用、サポートの実績を基に、保全現場のニーズやノウハウを集約して開発したとしている。

 「機器台帳管理」「保全周期管理」「保全計画管理」「保全履歴管理」「修理案件管理」「在庫管理」「日常点検管理」の七個のサブシステムで構成する。グローバル展開に向けて、日本語のほかに英語にも対応している。

 特徴の一つは、保全作業員の誰もが簡単に保全情報を登録、閲覧、検索できるように、画面の使いやすさに注力したことである。設備の稼働場所、機器の種類、詳細仕様などの設備情報を直観的に把握できる、としている。スマートデバイスを使った保全現場でのデータ入力・閲覧も可能である。

 また、データベースに蓄積した保全履歴情報を活用し、保全周期の見直しや業務改善に役立てることもできる。過去の修理実績と保全周期に基づいた保全カレンダー(星取表)の作成や、実施計画の立案、コスト管理も行える。Excelファイルを介して過去の点検データなどを一括登録することもできる。

 さらに、現場写真や図面、仕様書などのドキュメント類を機器にひもづけてデータベースに登録できる。日々の点検データをグラフ表示することによって、リアルタイムに状況を把握できる。ToDo画面に警告を表示して精密点検を促すといった仕組みも備える。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    これはすごい!Amazon Dash Buttonでツイートできた

     前回、Amazon Dash Buttonの動作を解析して、ボタンを押したときにプレゼンテーションのスライドをめくるハックを実現した。今回はDash Buttonのインターネットへの通信をハックして、ツイートしてみる。正しいサーバーと通信していると思い込ませてボタンの動作を監視する。

  • 【グルメサイトRettyのAI舞台裏】

    RettyはAI基盤をアキバで調達

     実名型口コミのグルメ情報サービスRettyでは、独自のAI開発に取り組み、従来人手に頼ってきた仕事を着々とAI(人工知能)に置き換えています。インターンシップのコストや人件費は別として、AI基盤に投じたのは約50万円のみです。今回は、RettyでどのようにAI基盤を構築したかについて紹介します。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る