• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

ロボット関連の世界市場、2020年には1880億ドル規模に

鈴木 英子=ニューズフロント 2017/01/11 ITpro

 米IDCが現地時間2017年1月10日に発表したロボット産業に関する調査結果によると、ロボット関連市場の世界支出は、2016年の915億ドル規模から2020年には1880億ドルへと2倍以上に拡大する見込み。この大幅な成長は、技術の向上とユースケースの拡大、市場での採用促進によって支えられる。

 同調査では、ロボティクスシステム、システムハードウエアおよびソフトウエア、関連サービス、アフターマーケットハードウエアに加え、商用ドローンおよびドローン向け周辺器機を対象にする。

 2016年に最もロボット関連支出が多かったのは製造業で、ディスクリート型製造業が全体の31%、プロセス型製造業が28%と、合わせて約6割を占めた。

 製造業以外では、資源産業(80億ドル)、消費者向け(65億ドル)、ヘルスケア(45億ドル)の支出が多かった。この傾向は今後も続き、2020年には消費者向けが資源産業との差を大幅に縮めると、IDCは見ている。

 消費者向けロボット、産業用ロボット、サービスロボットを含むロボティクスシステムとアフターマーケット・ハードウエアは、2016年に400億ドル以上を創出した。アプリケーション管理、学習およびトレーニング、ハードウエア導入、システム統合、コンサルティングを含む関連サービスの売上高は200億ドル以上だった。

 今後最も急速な成長が予測されるのはドローンおよび周辺機器で、2020年には200億ドル近い規模になるという。

 地域別で見ると、日本を含むアジア太平洋地域が2020年まで世界支出の3分の2以上を占める見込みで、2015年~2020年に2倍以上に拡大する。

 欧州/中東/アフリカ(EMEA)は2016年の支出が147億ドル、米大陸は129億ドルだったが、米大陸が大幅な成長を見せ、2018年にはEMEAを上回ることが予測される。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USB給電に異常アリ?粗悪品が生まれる謎

     PCの外部インタフェースとして普及したUSBは、信号の送受信と同時に電源を供給する役割がある。給電側と受電側が折衝し、適切な電力を供給する。ところがUSB Type-Cケーブルによっては、機器の破損につながりかねない挙動を示すという「謎」が存在する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る