• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

アバスト、Androidのリソースを大量に消費する20のアプリを発表

日川 佳三=ライター 2016/12/22 ITpro

 ウイルス対策ソフトを手掛けるチェコ共和国のアバスト・ソフトウエアは2016年12月22日、Androidのリソースを大量に消費する20のアプリを発表した。スマートフォン起動後に自動的に常駐するアプリ部門では、「Facebook」や「Google Maps」、メッセージングアプリ「WhatsCall」などがトップ5に入った。

スタートアップ起動型でリソースを消費するトップ10アプリ
(出所:アバスト・ソフトウエア)
[画像のクリックで拡大表示]
ユーザー起動型でリソースを消費するトップ10アプリ
(出所:アバスト・ソフトウエア)
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリー寿命、ストレージ容量、データ通信量への影響の観点から総合的に判断し、各アプリがAndroidスマートフォンの処理速度にどれだけ影響を与えるかを測定した指標である。調査期間は2016年7~9月で、世界300万人以上のAndroidユーザーによる匿名の集計データを利用して作成した。

 リソース消費量のトップ10に入ったアプリの主なものは以下の通り。スマートフォン起動後に自動的に常駐するタイプは、1位がSNSアプリのFacebook、3位が地図アプリのGoogle Maps、4位がメッセージングアプリのWhatsCallだった。一方、ユーザーが手動で起動するタイプは、4位がメッセージングアプリのLINE、7位がニュースアプリのSmartNews、9位が表計算アプリのGoogle Sheetsだった。

 今回の調査結果は、アバスト・ソフトウエアのグローバルレポート「Avast Android Performance & Trend Report(2016年7月~9月版)」に掲載されている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る