• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

IBMとBMW、Watsonと自動車の統合で提携

鈴木 英子=ニューズフロント 2016/12/16 ITpro

 米IBMは現地時間2016年12月15日、自動車におけるコグニティブコンピューティング技術「Watson」の活用についてドイツBMW Groupと協業すると発表した。WatsonとIoT(インターネット・オブ・シングス)を密に連携させるソリューションを用いて、運転体験のパーソナル化やより直感的な運転支援を実現する方法を探る。

 提携のもと、ドイツのミュンヘンにあるIBMのWatson IoTグローバル本部内に、両社共同の研究チームを置く。BMWのエンジニアらは、IBMの技術者、開発者、コンサルタントらと協力し、Watsonによってドライバー向けデジタルアシスタントをどのように向上できるか研究する。

 共同研究チームは、BMWのハイブリットスポーツカー「BMW i8」4台を使って、IBMのPaaS「Bluemix」をベースにしたソリューションを搭載したプロトタイプを構築する。

 Watsonの機械学習技術が、ドライバーの好みや習慣などを理解し、より安全で快適な運転環境を整えていく。車の操作マニュアルの内容も、運転しながらWatsonに自然な会話言葉で尋ねられる。IBM傘下のWeather Companyによる気象予報データや道路状況データなども統合し、リアルタイムで最適な運転経路の提案を得られる。

 IBMはIoT分野に向けたWatsonの活用に世界で30億ドルを投資する予定で、その一環としてWatson IoTグローバル本部に2億ドルを投じる計画を10月に発表した(関連記事:IBM、Watson IoTに注力、2億ドルを投資しグローバル本部をドイツに設置)。IBMによると、Watson IoTのソリューションおよびサービスを利用する企業は、この8カ月で4000社から6000社に増加している。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る