5ドルPCボード「Raspberry Pi Zero」、2017年第1四半期に日本で発売

2016/12/12
安東 一真=日経Linux (筆者執筆記事一覧

 格安PCボード「Raspberry Pi」を開発する英Raspberry Pi財団は、5ドルの格安版「Raspberry Pi Zero」を日本で2017年第1四半期にも発売する。Raspberry Pi Zero向けの公式ケースも2017年2月に世界で発売する予定だ。来日中のRaspberry Pi財団創設者のEben Upton氏が明らかにした。

日本でも発売する「Raspberry Pi Zero」
[画像のクリックで拡大表示]
英Raspberry Pi財団創設者のEben Upton氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Raspberry Pi Zeroを販売する日本のパートナーについては、現在交渉中という。Zero用のケースは通常のRaspberry Pi用と同様に、白とラズベリー色を使うものになるという。

通常のRaspberry Pi用公式ケース。Zero用の公式ケースも同ケースと同じ色使いになるという
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年11月に欧米で発売したRaspberry Pi Zeroは、価格が5ドルと安価なのが最大の特徴。通常のRaspberry Piと同じOSやアプリが動作し、性能はRaspberry Piの初期版とほぼ同じ。HDMIやUSBのポートもあり、デスクトップPCとして使える。最新のRaspberry Pi 3と比べると性能は6分の1程度だが、電子工作やサーバーの用途なら十分に使える。

 Raspberry Pi財団が発行する英文の月刊誌「MagPi」のミニバージョン「mini-MagPi」について、日本語版を2017年第1四半期に発行することも明らかにした。MagPiが約100ページなのに対して、mini-MagPiは20ページ程度。MagPiと同様に、月刊誌としてPDFで無償で配布する(MagPiは有償の紙版もある)。英国のMagPiサイトからダウンロードできるようになる見込みだ。

 通常版のRaspberry Pi(Model B)については「2017年に次期版を出すことはない」(Upton氏)と明言。Raspberry Pi 2が2015年2月、最新のRaspberry Pi 3が2016年2月に発表されたが、「2017年2月(の発表)はない。2017年はOSのRaspbianを中心としたソフトウエアの進化に注力し、安定したハードウエアの上で普及を図る」(同)という。

 公式のカメラやディスプレイについては、サイズなどでバリエーションを増やすことを検討しているが、具体的な計画はないそうだ。

 Raspberry Piは2016年9月に出荷台数が1000万台を突破し、現在は1100万台を超えた。年率40%増の成長を続けていて、2年で2倍となった。Raspberry Pi Zeroも30万台を出荷している。

■変更履歴
Raspberry Pi財団の創設者の一人であるEben Upton氏の肩書きを「Raspberry Pi財団」のCEO(最高経営責任者)としていましたが、正しくはRaspberry Pi財団でエンジニアリングや商業の部門を担当する「Raspberry Pi (Trading)」のCEOです。[2016/12/12 23:00]
ラズパイZeroの性能をRaspberry Pi 3の12分1程度としていましたが、正しくは6分の1程度です。[2017/02/21 19:30]
お詫びして訂正します。本文は修正済みです。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

経営

>>もっと見る

▲ ページトップ

おすすめムック・書籍[一覧]

ラズパイマガジン
2017年10月号

GPSモジュールや音声合成LSIなど、多様な電子パーツ25種の動かし方を紹介します。ASUSの高性能Tinkerなど“ラズパイ風”ボード3機種を徹底検証し、拡張ボードHATを自作したり、超小型カメラでプラレールの車窓から撮ったり、工作ネタ満載です。

600円で始めるラズパイ超入門

Wi-Fi&Bluetoothの機能が付いた「ラズパイZero W」がついに発売されました。Zeroシリーズの買い方、使い方から、初歩の電子工作までをやさしく解説します。音楽プレーヤーやAI自動翻訳マシン、スマホで操作できる戦車も作ってみましょう。

すぐに使いこなせる
Linux超入門

2017年4月にリリースされた「Ubuntu 17.04」を基にして、Linuxの概要、インストールや基本操作、豊富なアプリケーションの利用法などを分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2017年8月号

自在に動く戦車や扇風機、光るスカイツリー、警報器が光る電車の踏切など、格好良いプラモデルやおもちゃをちょっと改造して、見た目が素敵な作品を作りましょう。600円ラズパイ、700円台ロジアナも活用します。

ラズパイマガジン
2017年6月号

600円PCのラズパイZeroで、手軽でコンパクトな“ちっちゃい”工作に挑戦します。持ち運びが容易なハイレゾ音楽プレーヤーや無線リモコンカーなど。電子工作でありがちがトラブル12種の解決方法も紹介します。

ラズパイマガジン
2017年4月号

本誌オリジナルのGPS拡張ボードの基板付き! 連動特集でGPSの活用法が分かります。電子工作の超入門特集では36ステップ、20以上の作例で基本から応用法までを網羅。コンテストの準グランプリ作品も!

ラズパイマガジン
2017年2月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2017年2月号です。メイン特集は「ラズパイ工作 パーツ制御法80」。人工知能を使った笑顔判定器も作り、みんなのラズパイコンテストの全50作品を一挙紹介します。

初めてでも使える!Linux超入門
Ubuntu 16.10対応版

誰でもLinuxが楽しめる入門書です。Windowsユーザーから乗り換えても安心なように使い方や活用を基礎から解説しています。定番Linuxである「Ubuntu」の最新版(16.10 日本語 Remix)を付録DVD-ROMに収録しています。

あと3年
古いパソコンが使える本

Linuxを使えば、古いパソコンや使っていないパソコンが最新・最適な状態に復活します。3年から5年の長期間サポートが付いたLinuxによるPC復活方法を、多数の事例を基に分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2016年12月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2016年12月号です。メイン特集は「1日で基本から変わる!工作プログラムの作り方」。5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方も指南します。

ラズパイマガジン
2016年10月号

Raspberry Piでとことん遊ぶための「ラズパイマガジン」2016年10月号では、電子工作×ネットがテーマです。15の定石(プログラム+回路)でWeb連携の基本が身に付きます。Windows 10 IoT Coreでは9軸センサーを可視化します。

絶対つまずかない
Linuxサーバー構築ガイド

「Linuxサーバーって、そもそも何なの?」。そんな素朴な疑問にも丁寧に答えるゼロからの入門ガイドです。付録DVD-ROMはサーバーに最適なUbuntu 16.04 LTSをDesktop/Server版を32/64ビットでマルチブートできる完全保存版です。

初めてでも使える!Linux超入門

初心者でもLinuxが楽しめる入門書です。定番Linuxである「Ubuntu」の長期サポート版(16.04 LTS)を付録DVD-ROMに収録しており、DVDドライブのあるパソコンならインストールも簡単。ユニークなフリーソフトなどをすぐ楽しめます。

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

注目の新刊書籍

好評発売中!



絶対つまずかない Linuxサーバー構築ガイド

5年使える長期サポート版Linuxをマルチ起動で付録DVDに収録。Linuxサーバー入門の決定版!