「OpenStackは小規模スタートも可能。運用の効率化が重要」、LPI-Japanのイベント

2016/12/07
麻生 二郎=日経Linux (筆者執筆記事一覧

 Linux技術者認定試験の普及と、ITプロフェッショナルの育成を目的とした非営利企業「エルピーアイジャパン」(LPI-Japan)は2016年12月6日、クラウドコンピューティング基盤構築ツール「OpenStack」を活用したビジネスの拡大支援の一環として、「OPCEL ビジネスサミット 2016 ~新たなビジネスを切り開くOpenStack~」と題するセミナーイベントを開催した。LPI-Japanでは、1年以上前からOpenStack技術者の認定試験「OPCEL」を実施している。セミナー当日の来場者は160名以上と盛況だった。

小規模からも始められる

写真1●LPI-Japanの和田 真輝氏
[画像のクリックで拡大表示]

 最初にLPI-Japanの和田 真輝氏(テクノロジー・ディレクター、写真1)が登壇。同氏は「一般的なクラウドコンピューティングは大規模なシステムというイメージがあるが、その中では中小規模のシステムが動いている。目的に合わせて切り出せば、小規模なシステムから始めることが可能だ」と述べた。

 また、OpenStackを導入する利点として「Scalability」(拡張性)、「Cost」(コスト)、「Secrecy」(機密性)の三つを挙げた。特定のLinuxディストリビューションやベンダーに依存しないこともOpenStackの優位性であると述べた。最後にOPCEL、仮想化や可用性に関するLinux技術者認定試験「LPIC 304」を紹介した。

NTTグループ内で幅広く活用

写真2●NTTの水野 伸太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2人目の講演者であるNTTの水野 伸太郎氏(NTTソフトウェアイノベーションセンタ 第三推進プロジェクト 主幹研究員、写真2)は、OpenStackの概要、スペイン・バルセロナで開催されたカンファレンス「OpenStack Summit」の内容、NTTグループの取り組み、日本OpenStackユーザ会の活動内容について語った。同氏は、日本OpenStackユーザ会の会長を務める。

 NTTグループ内企業それぞれでOpenStackが導入されていること、研究所の中でも開発者向けクラウドとして稼働していることを紹介。パブリッククラウドサービス「Enterprise Cloud2.0」やポータルサイト「Goo」などの基盤として利用されているという。グループ全体でOpenStackを導入する方針があったわけではなく、各社で検討した結果としてOpenStackが採用されたとのことだ。  また、研究所を中心にコミュニティー活動を実施し、コミュニティーに対してパッチの提供などを行っていると述べた。最後に、日本OpenStackユーザ会への参加を呼びかけた。

小規模なら運用のアウトソースが有効

写真3●ビットアイル・エクイニクスの長谷川 章博氏
[画像のクリックで拡大表示]

 3人目の講演者であるビットアイル・エクイニクスの長谷川 章博氏(ビットアイル総合研究所 所長、写真3)は、OpenStackの必要性、OpenStack上で提供するサービス(アプリ)の開発手法、OpenStackの運用ノウハウについて語った。

 同氏によると「OpenStackの導入は意外と簡単になってきているが、コントローラーの運用が難しい。コントローラーをいかに効率良く運用できるのかがビジネス成功の鍵となる」と述べた。「小規模システムでOpenStackを使い始めるなら、運用部分をアウトソーシングすることも有効」とビジネス成功のヒントを示した。

 サービスの開発に関しては、従来のウォータフォール型ではなくユーザーが参加して開発のサイクルを素早く回すことが重要であると語った。

部門予算でも十分買えるハードで開始
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

▲ ページトップ

おすすめムック・書籍[一覧]

ラズパイマガジン
2017年8月号

自在に動く戦車や扇風機、光るスカイツリー、警報器が光る電車の踏切など、格好良いプラモデルやおもちゃをちょっと改造して、見た目が素敵な作品を作りましょう。600円ラズパイ、700円台ロジアナも活用します。

ラズパイマガジン
2017年6月号

600円PCのラズパイZeroで、手軽でコンパクトな“ちっちゃい”工作に挑戦します。持ち運びが容易なハイレゾ音楽プレーヤーや無線リモコンカーなど。電子工作でありがちがトラブル12種の解決方法も紹介します。

ラズパイマガジン
2017年4月号

本誌オリジナルのGPS拡張ボードの基板付き! 連動特集でGPSの活用法が分かります。電子工作の超入門特集では36ステップ、20以上の作例で基本から応用法までを網羅。コンテストの準グランプリ作品も!

ラズパイマガジン
2017年2月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2017年2月号です。メイン特集は「ラズパイ工作 パーツ制御法80」。人工知能を使った笑顔判定器も作り、みんなのラズパイコンテストの全50作品を一挙紹介します。

初めてでも使える!Linux超入門
Ubuntu 16.10対応版

誰でもLinuxが楽しめる入門書です。Windowsユーザーから乗り換えても安心なように使い方や活用を基礎から解説しています。定番Linuxである「Ubuntu」の最新版(16.10 日本語 Remix)を付録DVD-ROMに収録しています。

あと3年
古いパソコンが使える本

Linuxを使えば、古いパソコンや使っていないパソコンが最新・最適な状態に復活します。3年から5年の長期間サポートが付いたLinuxによるPC復活方法を、多数の事例を基に分かりやすく解説します。

ラズパイマガジン
2016年12月号

Raspberry Piをとことん楽しむための「ラズパイマガジン」2016年12月号です。メイン特集は「1日で基本から変わる!工作プログラムの作り方」。5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方も指南します。

ラズパイマガジン
2016年10月号

Raspberry Piでとことん遊ぶための「ラズパイマガジン」2016年10月号では、電子工作×ネットがテーマです。15の定石(プログラム+回路)でWeb連携の基本が身に付きます。Windows 10 IoT Coreでは9軸センサーを可視化します。

絶対つまずかない
Linuxサーバー構築ガイド

「Linuxサーバーって、そもそも何なの?」。そんな素朴な疑問にも丁寧に答えるゼロからの入門ガイドです。付録DVD-ROMはサーバーに最適なUbuntu 16.04 LTSをDesktop/Server版を32/64ビットでマルチブートできる完全保存版です。

初めてでも使える!Linux超入門

初心者でもLinuxが楽しめる入門書です。定番Linuxである「Ubuntu」の長期サポート版(16.04 LTS)を付録DVD-ROMに収録しており、DVDドライブのあるパソコンならインストールも簡単。ユニークなフリーソフトなどをすぐ楽しめます。

ラズパイマガジン2016年8月号

隔月刊化から2号目!「暑くなったら扇風機を回す」といった楽しい工作を通じて、電子工作の12の基本パターンを身に付けます。Windowsでもラズパイを動かし、ラズパイ用Linuxは9個の素朴な疑問を解決して、14のフリーソフトを楽しみます。

Linux入門書大全DVD

日経Linuxの人気ムック本9冊をPDFで収録。1500ページ相当のPDFでLinuxを「学ぶ」「使いこなす」ための全ノウハウが得られます。PDFは誌面のコピー&ペーストが可能。スマホやタブレットでもお読みいただけます。

ラズパイマガジン2016年6月号

隔月刊化となった新装刊号です。特集1は秋葉原で人気のパーツを確実に動かせる17種類の配線図を紹介。特集2はラズパイOSの使い方をWindowsと比べながらやさしく解説します。ラズパイコンテスト2015の全作品も掲載。ラズパイ初心者大歓迎!

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

注目の新刊書籍

好評発売中!



絶対つまずかない Linuxサーバー構築ガイド

5年使える長期サポート版Linuxをマルチ起動で付録DVDに収録。Linuxサーバー入門の決定版!