• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2016

会 期2016年10月19日~10月21日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2016速報

ウフル八子氏が語るIoTビジネス「独りで、1社で、ではやっていけない」

大橋 源一郎=日経Linux 2016/10/21 日経Linux

 クラウドサービスやIoTの導入支援事業などを手がけるウフルで、ウフルIoTイノベーションセンター所長を務める八子知礼氏は、2016年10月21日、東京ビッグサイトで10月19日から21日まで開催している「ITpro EXPO 2016」会場内で「IoTビジネスの実現と成功に向けて~『協創』がもたらすイノベーションとは?」と題して講演した。

ウフルの八子知礼氏
(撮影:中村 宏、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 講演の序盤で、八子氏は「IoTは『モノのインターネット化』と訳されることが多いが、モノにだけ注目していると、非常に小さなビジネスになってしまう。分析結果を業務プロセスや我々の生活にどうフィードバックするのか。すなわちモノとコトをつなぐことこそがIoTの本質だ」と同社の考えるIoTを説明。現在、そこまでできているIoTビジネスはほとんどないという。

 また最近は、クラウドに全てのデータを上げるのではなく、端末側でデータを素早く分析する必要性も増している。そのために必要なモバイル、クラウド、ソーシャルなどの技術は2010年以降に登場しており、それ以前に作られたシステムではIoTを実現できていない。

 続いて同氏は、日本企業のIoTが抱えている課題について解説した。日本では、「儲かるビジネスモデルが分からない」「先行事例がない」といった理由でIoTビジネスに踏み込めない企業が多い。これは、従来の基幹システムの作り方と、IoTシステムの作り方が全く異なるからだ。

 このため、部門別にコンセプト検証(POC)をしているという事例は多いものの、そこから事業計画の立案までできている企業は非常に少ないという。先に進めるには、旧来のウォーターフォールモデルでなく、ビジネスモデルと技術アーキテクチャーを同時に検討する「アジャイル型」の開発モデルの方が適している。しかし、八子氏は「それを1社でできますか、短期間でできますか、リソースはありますか」と語りかけ、協業の必要性を示唆した。

会場となった展示会場内アリーナの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 後半では、ウフルが掲げるIoT実現のための五つのコンセプト「DeCIDE」を解説した。日本のIoTビジネスで成果を上げるには、「早く意思決定して着手する」「他社との協業で大きな取り組みを目指す」「ビジネスモデルを確信する」「夢のあるおもてなしサービスを実現する」「競争力あるエコシステムを形成する」ことに注力すべきだと言う。その助けとなるように、同社は2016年5月末に「IoTパートナーコミュニティ」を発足。現在31社がメンバーとなり、「IoT×AI」「ヘルスケア」「スマートビルディング」など、七つのワーキンググループが活動中だという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る