• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2016

会 期2016年10月19日~10月21日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2016速報

IoTコンサルのウフル、ビル全体を1台でカバーできるゲートウェイを展示

岡田 薫=日経コンピュータ 2016/10/20 日経コンピュータ

 IoT(インターネット・オブ・シングズ)分野でコンサルティングなど手掛けるウフルは、2016年10月19日から21日にかけて東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2016」に出展している。ウフルは2006年設立で、クラウド導入支援のコンサルやマーケティング支援などを主力事業とする。

 ウフルは通信サービス関連事業を手掛けるM2Bコミュニケーションズと共同で、IoTを想定したソリューションを開発している。同ソリューションの特徴は、IoT向けの通信技術LPWA(Low Power、Wide Area)」を採用していること。特に、LPWAを採用したネットワーク方式の一つである「LoRaWAN」を使う。省電力で広域をカバーできるメリットがあるという。

 LoRaWANを使ったソリューションは、建物内の人や物などの位置を把握する用途を想定する。各部屋で、人や物などの位置情報を把握するためのBluetooth Low Energy(BLE)を使ったビーコンなどの通信機器を配置して、LoRaWANに対応したゲートウェイとデータをやり取りさせる。

LoRaWAN対応の親機と子機
[画像のクリックで拡大表示]

 建物の大きさによって異なるが、ウフルによればLoRaWAN対応のゲートウェイ1台で1つのビル全体に配置されたビーコンとやり取りできるという。展示では、LoRaWAN対応のゲートウェイやモジュールも公開した。2017年をめどに提供開始を目指す。

ウフルの展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから挑戦!IoT開発】

    IoTには必ずバグがある

     単純なコーディングミスからインタフェースミスマッチまで、多様なバグがIoTに生息している。IoTシステムの仕様に未確定の部分があったり、構造や機能が複雑になったりすると、バグは飛躍的に増える。その種類も多様で、昆虫図鑑が作れるほどだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る