• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2016

会 期2016年10月19日~10月21日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2016速報

日経コンピュータ編集長がIoTについて語る、「鍵は人材」

佐藤 雅哉=日経コンピュータ 2016/10/19 日経コンピュータ

 東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催されている「ITpro EXPO 2016」の講演で、日経コンピュータ編集長の中村建助氏は、さまざまな産業におけるIoT普及の現状を紹介した。ビジネスモデルやインフラの形がIoTによって変わリつつある実態を事例を示しながら説明し、IoT化の波に乗り遅れないことの大切さを強調した。中村氏は最後に「企画力・開発力といった人的要因で差がつく」とし、人材育成に注力する重要性にも言及した。

IoTの現状を説明する日経コンピュータ編集長の中村建助氏
[画像のクリックで拡大表示]

 IoTはモノが関わる全産業に影響するため、あらゆる企業にとって無視できない潮流となる。実際にIDC Japanの予測によれば、IoTの国内市場は2015年の6.2兆円から、2020年には13.7兆円まで成長すると見込まれる。この流れを受けて、ビジネスの形も大きく変わりつつある。

 中村氏によれば、IoTにおける収益化の方法は主に、「モノを変える」「健康に訴える」「データで自らを変える」の3つに集約できるという。モノを変える例としては、セコムによるドローンを使った防犯サービスや、ファナックのロボットで作業効率を高める取り組みなど、製品やシステムが賢くする取り組みが挙げられる。健康に訴える例では、センサーで風呂場の事故を未然に防ぐサービスや、健康管理機能が付いたトイレ、ウエアラブルセンサーなど、健康分野での活用事例がある。3番目のデータで自らを変える取り組みとしては、工作機械などの故障予測や農業をセンサー情報で最適化していく取り組みがあるという。

 あらゆる分野で導入が進むIoTに合わせて、インフラも形を変えつつある。例えばベンチャー企業のソラコムは、IoT向けの格安通信サービスを開始した。アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、IoT向けにセンサーデバイスから情報を収集するためのクラウドサービス「AWS IoT」を2015年から提供している。米GEは産業用機器のデータを分析し、生産効率を高めるインダストリアルインターネットのプラットフォーム「Predix」を提供し、産業を変革しつつある。

 こうした事例を踏まえ、最後に中村氏は人材育成の重要性を説いた。実際に、IoTの成功事例といえる米アマゾン・ドット・コムの会長兼CEO(最高経営責任者)であるジェフ・ベゾス氏や、GEのCEOであるジェフ・イメルト氏は、自社内での技術の内製化を非常に重要視している。「こうした人材に由来する確かな技術が企業になければ、企画力や開発力で差がついてしまう」と中村氏は締めくくった。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る