• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

クラウド会計ソフトfreeeがみずほ銀のネットバンキングとAPI連携

日川 佳三=ライター 2016/10/17 ITpro

 クラウド会計ソフト事業を手掛けるfreeeは2016年10月17日、同社の「クラウド会計ソフト freee」とみずほ銀行の法人向けインターネットバンキングサービス「みずほビジネスWEB」との間で、2016年11月中にAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)連携を開始すると発表した。freeeにインターネットバンキングのログイン情報を登録することなく、残高照会や入出金明細照会などができるようになる。

クラウド会計ソフト freeeとみずほビジネスWEBのAPI連携の概要
(出所:freee)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータが金融機関向けに提供する法人向けインターネットバンキングシステム「AnserBizSOL」のAPIを利用する(関連記事:NTTデータが法人向けネットバンキングのAPI公開、クラウド会計ソフト4社が採用)。同APIを使うと、クラウド会計ソフト上で残高照会や入出金明細照会などの照会機能を利用できる。必要に応じて、金融機関の認証画面にID/パスワードといったログイン情報を入力する。

 従来は、freeeが預金者に代わってインターネットバンキングにログインし、ログイン後のWebページを読み取って必要な情報を取得する“Webスクレイピング方式”を採用していた。この場合、インターネットバンキングのログイン情報をfreeeに登録しておく必要があった。API連携と比べると利便性が悪く、セキュリティ上の課題がある。また、画面が変更された際にクラウド会計ソフト側の修正も必要になる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    五輪効果は32兆円、走り出すIT企業

     2020年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催まであと3年だ。2017年3月6日には東京都が、招致決定の2013年からの10年間で東京五輪・パラリンピックの経済効果は32兆円になるとの試算を発表。こうした市場を狙い、IT企業も動き出している。

  • 【ニュース解説】

    副業解禁のインパクト

     働き方改革の一環として、企業で働く社員の「副業」に注目が集まっている。副業は新たな収入源の確保、転職しなくても新しい仕事にチャレンジできるといったポジティブな側面がある。一方、過重労働や本業と副業での利益相反といった懸念もある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る