• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NTT西など、パブリッククラウド接続サービスに「Azure」と「Office 365」追加

田中 正晴=日経ニューメディア 2016/10/12 日経ニューメディア
図1●ソリューションの概要(発表資料から、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 NTT西日本とNTTスマートコネクトは2016年10月12日、パブリッククラウド接続ソリューションにおけるパブリッククラウド接続サービス「クラウド クロス コネクト」にMicrosoft Azureと、Office 365との接続プランを、同年10月26日に追加すると発表した (図1)。

 パブリッククラウド接続ソリューションは、NTTスマートコネクトが提供するパブリッククラウド接続サービス「クラウド クロス コネクト」と、NTT西日本が提供する閉域ネットワークサービスの「フレッツ・VPN ワイド」や「ビジネスイーサ ワイド」を組み合わせることで、ユーザー拠点やデータセンターからインターネットを介さずに、パブリッククラウドと安定かつセキュアに接続できる環境を提供する。2016年1月20日にサービスを開始した。

 これまで接続先はAmazon Web Services(AWS)のみだったが、10月26日よりマイクロソフトの「Azure」と「Office365」が追加となる。特徴として、「Office 365との接続が容易」「10Mbpsから1Gbpsまでの帯域確保型の接続プランを用意」「大阪のAzureとの相互接続点を利用し低遅延な利用環境を実現(東京の相互接続点も利用でき東西冗長接続を実現)」などを挙げる (図2)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る