• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

IBM、がん患者の従業員へのセカンドオピニオンにWatsonを活用

鈴木 英子=ニューズフロント 2016/10/12 ITpro

 米IBMは現地時間2016年10月11日、がんを患っている同社従業員の闘病支援にコグニティブコンピューティング技術「Watson」を活用するプログラムを発表した。医療関連情報サービスや医師評価制度を手がける米Best Doctorsと協力し、2017年1月1日より実施する。

 同プログラムでは、がんを患う米国従業員が、Watsonを通じて医療や治験について適切な情報を取得し、今後の治療の判断に役立てられるようにする。IBMの米国保険制度に加入している従業員を対象とする。

 患者の許可を得た上でBest Doctorsチームが医療記録を収集し、関連データをWatsonにフィードする。Watsonはこれらデータを医療専門誌の情報や論文などと照らし合わせて解析し、レポートを生成する。Best Doctorsネットワークの著名な腫瘍学専門家がレポートを確認し、最終的な判断を患者および担当医に提供する。

 同プログラムは、「Watson for Oncology」「Watson for Clinical Trial Matching」「Watson for Genomics」といったサービスで構成される。

 Watson for Oncologyは、乳がん、肺がん、大腸がん、胃がんに関する根拠に基づく医療を臨床医に助言する。Watson for Clinical Trial Matchingは、患者と関連する治験のマッチング判断を支援する。Watson for Genomicsは、患者の腫瘍の遺伝子プロファイルを分析し、発がん性のある変異に関する情報を臨床医に提供する。

 米メディア(Fortune)の報道によると、IBMは世界で37万7000人の従業員を抱えるが、そのうち米国の従業員がどれくらいで、何人が同プログラムの対象になるか明らかにしていない。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【週末スペシャル】

    東京モーターショー“笑顔”特集 国内完成車メーカー編

     次世代自動車の祭典「第45回 東京モーターショー2017」)が10月28日~11月5日に開催された。東京モーターショーの見所は最新技術を詰め込んだ車両だけではない。コンパニオン達の輝く笑顔も来場者を惹きつける。記者が総力を挙げて取材したコンパニオン達を、3回に分けてお送りしたい。まずは国内完成車メ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る