• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

サムスンがコンシューマー向けのM.2 SSD「960 PRO」「960 EVO」を発表

鈴木 雅暢=ITライター 2016/09/21 ITpro

 韓国サムスン電子は2016年9月21日、韓国ソウルで開催している自社イベント「Samsung SSD Global Summit 2016」を開催。基調講演の中で、コンシューマー向けのM.2フォームファクターのSSDの新製品として「960 PRO」および「960 EVO」を発表した。いずれも対応インタフェースは、PCI Express 3.0 x4で、NVMe 1.2に対応する。

「960 PRO」および「960 EVO」の発表は「Samsung SSD Global Summit 2016」の基調講演で行なわれた。
(撮影:鈴木 雅暢、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

2Tバイトモデルも擁するハイエンドの960 PRO

 960 PROは、従来の950 PROの後継となるハイエンド製品。新開発の「Polaris」コントローラーと第3世代のMLC(マルチ・レベル・セル) V-NANDを実装し、シーケンシャル(順次)リードは最大3500Mバイト/秒、シーケンシャルライトは最大2100Mバイト/秒、4Kバイトランダムリードは最大44万IOPS、4Kバイトランダムライトは最大36万IOPSというコンシューマー向けとしては高い性能を有する。容量ラインアップは512Gバイト、1Tバイト、2Tバイトが用意されており、出荷価格はそれぞれ329米ドル、629米ドル、1299米ドル。

展示会場にて展示されていた960 PRO。
[画像のクリックで拡大表示]
960 PROのスペック。
[画像のクリックで拡大表示]

 960 EVOは、メインストリーム向けの850 EVOの後継として位置付けられるモデル。同社のコンシューマー向けのメインストリームモデルとしては初めてM.2フォームファクターおよびPCI Express 3.0 x4、NVMe(NVMe 1.2)に対応した。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ こちらは第3世代のTLC(トライ・レベル・セル)...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る