• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

日本MS、経営者向けイベントでコグニティブ技術の活用事例など紹介

井原 敏宏=日経コンピュータ 2016/09/06 日経コンピュータ

 日本マイクロソフトは2016年9月6日、経営者や役員および戦略立案や経営企画、業務に責任を持つビジネスリーダーを対象にしたイベント「Microsoft Foresight」を開催した(写真1)。同イベントは9月6日と7日の2日間にわたり、東京・目黒のウェスティンホテル東京で実施する。

写真1●初日の基調講演に登壇した日本マイクロソフトの平野拓也社長
[画像のクリックで拡大表示]

 初日の基調講演では日本マイクロソフトの平野拓也社長が「ビジネスに新たな価値をもたらす『デジタルトランスフォーメーション(デジタル技術を活用した変革)』」をテーマに登壇した。同社が進める「コグニティブ(認知)コンピューティング」の活用事例などを紹介。同日に発表したリクルートキャリアとの「HR(ヒューマンリソース、人的資本)テック」分野における、新サービス開発に向けた協業についても説明した。

 平野社長は冒頭、「国内の主な企業のCEO(最高経営責任者)を対象にしたある調査結果では、86%が『経営のデジタル化』を最重要テーマと位置付けている」と語った。デジタルトランスフォーメーションを実現するうえでは「クラウドや人工知能(AI)など、新しい技術の活用が不可欠だ」(同)と訴えた。

 デジタルトランスフォーメーションの新たな領域として、同社が注力するコグニティブコンピューティング関連のサービス「Microsoft Cognitive Services」を挙げた。映像や音声などをコンピューターが自動的に認識して処理する技術のことで、視覚認識、音声認識、言語理解、知識、検索という5分野で、20種類超の関連サービスをクラウドのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)として提供している(写真2)。

写真2●視覚認識、音声認識、言語理解、知識、検索の5分野で、コグニティブコンピューティング関連のサービスを提供する「Microsoft Cognitive Services」
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 東京サマーランドが来場者の表情認識などで活用
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    テストは20万時間、東京五輪ITシステムの舞台裏

     あと3年に迫った2020年の東京オリンピック・パラリンピック。「絶対に遅れることはできないし、稼働後の不具合も許されない」という五輪向けのシステムをどう構築しているのか。欧州Atosで東京五輪向けシステム構築プロジェクトを率いるセイレッシュ・チョーハン氏にプロジェクトマネジメントのポイントを聞いた…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る