• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

リコー、Exadata最新機を採用、システム集約の基盤に

岡田 薫=日経コンピュータ 2016/06/29 日経コンピュータ
写真●リコー コーポレート統括本部 ビジネスプロセス革新センター 情報インフラ統括部 システムインフラグループの宮腰寿之シニアスペシャリスト
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは2016年10月から、社内の業務システム向けデータベース基盤として、米オラクル製の「Oracle Exadata Database Machine X6 (Exadata X6)」を稼働させる。日本オラクルが2016年6月29日に発表した。Exadata X6はオラクルが4月に提供開始した最新機。

 Exadata X6への移行のきっかけは、それまで使っていたDWH(データウエアハウス)の保守サポート切れを2016年9月に迎えることだ。リコーがExadata X6上で稼働させるシステムは三つ。業績管理システム、DWH、顧客対応のCTIだ。それぞれ別々のサーバーでシステムを動かしてきたが、Exadata X6に集約する。コンテナ機能を利用して、三つのシステムを稼働させる。

 「処理性能の速さと拡張性を決め手にExadataの採用を決めた」。リコー コーポレート統括本部 ビジネスプロセス革新センター 情報インフラ統括部 システムインフラグループの宮腰寿之シニアスペシャリストはこう話す(写真)。同社はこれまでも、社内インフラの集約を進めてきた。今回のシステム移行の投資額は非公開としているが「Exadataに集約することでコストは安くなった」(宮腰氏)。

 システムの移行環境には、オラクルのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)である「Oracle Database Cloud Service」などを使う。2016年5月から移行を開始した。10月からDWHを稼働させ、2016年内には三つのシステムの移行を完了させる考えだ。

 リコーは2020年度までに、業務システムのインフラ費用を大幅に削減する計画だ。主要な業務システムのインフラ基盤を集約する。今回のExadata X6導入もその施策の一環。「国内の関係会社を中心に、基盤の統合を進める」(宮腰氏)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    スマホさえあればIoTは始められる

     IoT化が進められないITエンジニアにお勧めなのが、スマートフォンを使ったIoTシステムの開発だ。スマートフォンには加速度など様々なセンサーが組み込まれているうえ、通信機能も備わっている。最も身近で扱いやすいIoTを実現するための機器が、スマートフォンなのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る