• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

eo光テレビで「eoオンデマンド」開始、多chコースもリニューアル

田中 正晴=日経ニューメディア 2016/06/23 日経ニューメディア

 ケイ・オプティコムは2016年6月23日、「eo光テレビ」サービスを「スマートベーシック」「スマートプレミアム」というコースにリニューアルするとともに、両コース加入者向けに、映画・ドラマ・アニメ・スポーツなどの番組をいつでも視聴できるVODサービス「eoオンデマンド」の提供を2016年7月1日に開始すると発表した。

 eo光テレビでは、従来から二つのコースを用意していた。しかし、ケイオプによると、利用者のニーズが「安価で必要なだけのチャンネル数で十分」という考え方と、「チャンネル数の充実」という考え方で、2極化が進んでいるという。

 そこで今回、よりチャンネル数を絞り込んで月額料金を下げた「スマートベーシック」と、少し料金は上がるがよりチャンネルの充実を図った「スマートプレミアム」を用意した。

 加えて、新設の両コースには 「eoオンデマンド」を標準でセットし、新設の両コースの加入者は無料で利用できるようにした。映画・ドラマ・アニメ・スポーツなどのCSチャンネルが提供している番組などをいつでも、どこでも視聴できるVODサービスである。テレビだけでなく、スマートフォンやタブレット、パソコンなどでも視聴でき、見逃し視聴も可能となる。

 当初は、「スマートベーシック」では9チャンネルの1300本以上、「スマートプレミアム」では17チャンネルの1520本以上を用意する予定。

 新規の加入者は、新設の両コースからサービスを選択することになる。既存の利用者は従来コースをそのまま継続利用できるが、 eoオンデマンドを利用する場合は新設の両コースに移る必要がある。

 「スマートベーシック」や「スマートプレミアム」のコースの他に、これまで通り地上デジタル/BSデジタル放送の再放送が中心となる「スマートコンパクト(23ch)」も利用できる。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る