• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ドコモ・システムズ、クラウド型GPS追跡「docoですcar NEXT」に輸送遅延検知機能

広田 望=日経コンピュータ 2016/06/07 日経コンピュータ

 ドコモ・システムズは2016年6月7日、GPS(全地球測位システム)情報を追跡・記録するWebアプリケーション「docoですcar NEXT」の新オプション「docoですcarオプション 輸配送進捗管理サービス」を2016年7月11日より販売すると発表した。新オプションは輸送業者の利用を想定し、予定ルートと実際のGPS位置情報を比較して、配送遅延を早期に発見して対策に役立てるためのもの。

 docoですcar NEXTは車載GPS情報をクラウド上に記録して、利用企業が社用車の現在位置を確認するためのサービスだ。新オプションは到着時間の予想、輸送遅延の検知とそのメール通知といった機能が使えるようになる。実際の運行記録から出発・到着・遅延時間などを記載した日報を自動的に作成する機能もある。

 新オプションは輸送情報をクラウド上に最大4カ月分記録でき、管理者はブラウザーでログインして情報を確認する。サーバー機器を使わず小規模でも導入できることと、地図情報が自動で更新できることを強みにしている。

 新オプションの料金はdocoですcar NEXTの車載機、管理ライセンス料とは別に、管理者用アカウント当たり月額2500円、車体1台当たり月額1500円だ。新オプションは3年で5000台の契約を目標にしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    スマホさえあればIoTは始められる

     IoT化が進められないITエンジニアにお勧めなのが、スマートフォンを使ったIoTシステムの開発だ。スマートフォンには加速度など様々なセンサーが組み込まれているうえ、通信機能も備わっている。最も身近で扱いやすいIoTを実現するための機器が、スマートフォンなのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る