• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Java著作権訴訟でGoogleが勝訴、「フェアユース」が認められる

鈴木 英子=ニューズフロント 2016/05/27 ITpro

 Java関連の著作権を侵害されたとして米Oracleが米Googleを訴えていた裁判で、Googleが勝訴したと複数の米メディア(PCWorldNew York TimesArs Technicaなど)が報じている。米カリフォルニア州サンフランシスコの米連邦地方裁判所の陪審は現地時間2016年5月26日、AndroidにおけるJava使用はフェアユースの範囲内であるとするGoogleの主張を認める評決を下した。

 この係争は、GoogleがAndroidを開発する際に37件のJava APIを不正にコピーしたとして、2010年にOracleがGoogleを提訴したことに端を発する。地裁は2012年に、Oracleが問題とするJava APIは著作権法の対象ではないとの判断を下したが、Oracleがこれを不服として上訴。米連邦控訴裁判所は2014年、問題のJava APIは著作権法の保護下にあると結論づけ、地裁の判決を覆した。Googleは控訴裁の判断の見直しを求めて上告したが、米連邦最高裁判所は2015年6月にこれを却下した(関連記事:米最高裁がGoogleの訴えを却下、OracleとのJava著作権訴訟で)。

 再審理は5月10日から行われ、GoogleがAndroid開発でJava APIをコピーしたことがフェアユースに当たるかどうかが争点となっていた。

 Googleの広報担当者は「陪審の評決は、Androidエコシステム、Javaプログラミングコミュニティ、そしてオープンなプログラム言語に依存するソフトウエア開発者にとっての勝利だ」とのコメントを発表した。

 OracleのDorian Daley法務顧問は上訴する意向を示し、「Googleは違法にJavaの中核技術をコピーしてAndroidを開発したと、我々は確信している。当社はGoogleの違法行為を止めるためにこの訴訟を起こした」と述べた。OracleはGoogleに対して90億ドルの損害賠償を求めていたと報じられている。

 法廷審問では、GoogleはJavaを開発した米Sun Microsystems(2010年にOracleが買収)が誰でも無償でJavaを使えるようにしたいと考えていたと陪審に訴えかけ、GoogleがAndroidにJavaを使っていることをSunが認めていた証拠として、Sunの元最高経営責任者(CEO)であるJonathan Schwartz氏がAndroidについて賞賛しているブログ投稿を引用した。

 一方Oracle側は、GoogleはSunとライセンス交渉を行ったが合意に至らず、Androidの市場投入を急ぐあまり「ライセンスを取得する必要があることを知りながら」Java APIを使ったと説明。Google共同創業者のLarry Page氏がAndroid開発チームに圧力をかけていることを示すものとして一連の電子メールや会議資料を提出した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る