• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ヤマハ、ISDN終了を見据えた新VoIPルーターを発表

堀内 かほり=日経NETWORK 2016/05/25 日経NETWORK
NVR700W
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]
NVR510
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマハは2016年5月25日、LTE対応のVoIPルーター「NVR700W」と、中小規模拠点向けVoIPルーター「NVR510」を発表した。ISDNのサービス終了を見据えた、ルーターの買い替え需要を狙った製品である。

 NVR700Wは、天面にSIMカードスロットを備え、LTEをWAN回線として利用できる。対応キャリアはNTTドコモ。また、NVRシリーズで初めてIPsecに対応した。LAN間スループットは最大2Gビット/秒、IPsec通信時のスループットは最大700Mビット/秒。インタフェースとして、NTT東日本のフレッツ・光に対応した小型ONU(回線終端装置)を装着できるスロットを備える。店舗などネットワーク機器を置くスペースが限られる場所にも設置しやすくなった。

 NVR510はNVR500の後継モデル。NVR500にあったISDNポートを廃止し、代わりに小型ONUを装着できるスロットを搭載した。NVR500に比べスループットなどの基本性能を向上させ、LAN間スループットは最大2Gビット/秒、NATセッション数は6万5534。

 発売時期は、NVR700Wが2016年7月、NVR510が9月。希望小売価格は、NVR700Wが11万8000円、NVR510が4万9800円(税別)。

 このほか、同社の主要製品をクラウド上で管理できるサービス「Yamaha Network Organizer」を6月7日に開始する。設定ファイルやアラート、ログを一元管理できる。LAN内に接続された機器を可視化するLANマップにも対応する。

 ライセンス価格は、1台につき年額1万円(税別)、5台で年額3万8000円(税別)。台数を追加する拡張ライセンスは月額1000円(税別)。2016年12月末までの申し込みについては、各ライセンスを半額で提供するキャンペーンを実施。また、3カ月間、3台まで無償で使える試用ライセンスを2017年2月末まで提供する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る