• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

PepperがAndroidに対応、ロボットアプリ開発SDKの無償提供を開始

浅川 直輝=日経コンピュータ 2016/05/19 日経コンピュータ

 ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは2016年5月19日、Androidの開発環境でPepperのロボットアプリを開発できるプラグイン「Pepper SDK for Android Studio」の無償提供を始めた。

左からソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の富澤文秀氏、Androidマスコットキャラ、Pepper
[画像のクリックで拡大表示]

 Pepper本機がなくても、Android Studioの開発環境でPepperのロボットアプリの開発やデバッグ、動作確認を行い、Google Playストアからダウンロードできるようになる。実際には、Pepperの胸部ディスプレーにAndroid OSを組み込み、PepperのロボットOS「NAOqi」と連携させることで実現した。アプリ審査や課金もGoogle Playストアの枠組みで行う。

Pepper SDK for Android Studioの機能
[画像のクリックで拡大表示]
Pepper SDK for Android Studioの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の狙いは、開発者の層を世界のAndroidアプリ開発者に拡大させること。「開発者の数は、従来の数千人から、数十万人と100倍に増える」(ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の富澤文秀氏)。Androidに対応したPepperの開発者向けモデルの販売も2016年7月から始める予定だ。

 米グーグルが米国で開催中の開発者向け会議「Google I/O」にもセッションを設け、世界の開発者に向けてアナウンスする予定という。

 Goolge Playストア上の100万種以上のAndroidアプリも、Pepper上で動かせるようにする。従来のPepper開発基盤「Choregraphe」も継続して使える。

 同日の記者会見では、同SDKを使ったデモとして、Pepperのカメラが捉えた映像をAndroid用VRゴーグルから見られる「テレプレゼンス」、米グーグルの機械学習ライブラリ「TensorFlow」に1万6000以上の手の形を入力させ、ジェスチャー認識を可能にした「ハンドイリュージョン」を披露した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る