• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

損保ジャパン日本興亜がJavaで基幹システムを刷新、日本オラクルがPaaSや教育で支援

日川 佳三=ライター 2016/04/19 ITpro

 日本オラクルは2016年4月19日、損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)が進めている基幹システム再構築プロジェクトを支援すると発表した。システムの検証に利用するクラウド型のJava実行環境を提供するほか、損保ジャパン日本興亜に特化したJava技術者の育成プログラムを提供する。今後2年間で最大40名のJavaリード・アーキテクトの育成を目指す。

 損保ジャパン日本興亜は現在、フィンテックの実現などに向けて基幹システムの刷新を進めている。計画では、従来のCOBOLアプリケーションの大半をJavaアプリケーションに切り替える。これに伴い、Javaの開発力と技術力、迅速に検証可能なクラウド型のJava実行環境などを必要としている。Javaの国際的標準化機関である「Java Community Process」(JCP)にも加盟した。

 2016年2月には、Javaアプリケーション実行基盤をクラウドで提供する「Oracle Java Cloud Service」を技術検証用途で導入することを決めた。基幹システムをJavaアプリケーションに切り替える際の環境として活用する。2016年4月現在ではまだ導入していないが、これから導入していく。

 Java技術者の育成プログラムも今後導入する。日本オラクルのコンサルティングサービス部門や、米オラクルでJavaの標準仕様を提案するメンバーで構成するJavaスペックリード担当チームが、Javaのコア技術のスキル向上を目的に、損保ジャパン日本興亜に特化した教育プログラムを実施する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る