• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft、Windows 10大型アップデートを今夏に実施へ

鈴木 英子=ニューズフロント 2016/03/31 ITpro

 米Microsoftは現地時間2016年3月30日、米サンフランシスコで開幕した開発者向け年次イベント「Build 2016」において、Windows 10登場1周年の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」を今夏に実施すると発表した。

 Microsoftによると、Windows 10を稼働させているアクティブデバイスは2億7000万台を超え、「『Windows 7』を145%上回るWindows史上最速の導入ペース」だという。

 Windows 10 Anniversary Updateでは、音声アシスタント「Cortana」を強化し、デバイスがロック状態でも、ユーザーが一日を通じて行動認識・予測に基づいた情報やアドバイスを受け取れるようにする。

 生体認証技術ベースのセキュリティ機能「Windows Hello」をさまざまなアプリケーションのログインやWebアクセスに拡大するほか、手書き文字認識機能「Windows Ink」による広範な手書きおよび描画体験と、手書きしたものをデジタルの世界で手軽に共有する手段を提供する。

 また、「Universal Windows Platform」においてCortanaの予測機能すべてを利用できるようにする。Universal Windows Platformには、Windows HelloやWindows Inkといった、Windows 10の最新機能をアプリケーションに統合するためのツールをまとめた「Windows 10 Anniversary SDK」も含まれる。

 さらにMicrosoftは、ビッグデータ解析のクラウドサービス群「Cortana Intelligence Suite」(旧名称「Cortana Analytics Suite」)に加わる2つの新サービスを発表した。

 「Microsoft Cognitive Services」は、自然なコミュニケーション手段を通じてシステムが人間のニーズを把握するために、見る、聞く、話す、理解するといった能力を組み込むためのAPI群を提供する。

 「Microsoft Bot Framework」は、「Office 365」や「Skype」、SMSや「Slack」あるいはWeb上で顧客と自然な会話ができるインテリジェントなボットの作成を支援する。

 Microsoft Cognitive ServicesとMicrosoft Bot Frameworkはいずれもプレビュー版を利用できる。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る