経営のトピックス-PR-

セゾン情報が大型システム開発の遅延で約150億円支払いへ、希望退職50人募集

2016/03/28
清嶋 直樹=日経コンピュータ (筆者執筆記事一覧

 セゾン情報システムズは2016年3月28日、クレディセゾンと同社子会社であるキュービタスから受注した大型システム開発案件の開発遅延のために2社から損害賠償を請求されていた問題で、条件付き和解を行う方針を決めたと発表した。

 セゾン情報が支払う和解金はクレディセゾンに対して83億9700万円、キュービタスに対して65億7800万円の合計149億7500万円である。これは、開発業務にかかる契約に基づいてクレディセゾンとキュービタスのそれぞれからセゾン情報が受領した対価と同一である。クレディセゾンとキュービタスは、今回の紛争に関する他の請求を放棄する。

 セゾン情報にとっては、受け取った金額を“全額返金”する格好になるが、「当社としては、合理的な和解案であると判断している」(経営企画室)という。

 和解案は企業間交渉で策定した。今後、第三者機関であるソフトウエア専門のADR(裁判外紛争解決)機関の「ソフトウェア紛争解決センター」における中立評価手続きを経て、和解内容が合理的であるという評価がなされた場合に、2社に和解金を支払う。

 和解金の一部にはすでに実施済みの仮払金などを充当する。セゾン情報が今後新たに支払う金額は78億300万円で、会計処理を勘案して、2016年3月期に65億8100万円の特別損失を計上する。

 さらに、損失を出した大型システム開発受託事業の縮小と財務基盤の立て直しのため、全従業員716人のうち、50人の希望退職者を募る。このための各種費用として、2016年3月期に3億9400万円の特別損失を計上する。

 これらの損失により、セゾン情報は2016年3月期の連結業績予想を下方修正。従来は親会社株主に帰属する当期純利益が20億8000万円の黒字と予想していたが、今回、65億6000万円の赤字になる見通しだと発表した。

■変更履歴
記事公開当初、第2段落で和解金を「合計149億7500百万円」と表記していましたが、正しくは「合計149億7500万円」です。また、第4段落で「ソフトウェア紛争解決センター(SOFTIC)」と表記していましたが、正しくはSOFTICはADR機関の設置主体であるソフトウェア情報センターの略称です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2016/03/30 20:10]

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

ネットワーク/通信サービス

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

プレゼン&説明力 養成講座
【7/29開催】

「仕事」を進める上で求められる説明やプレゼンテーションのポイントを解説します!