• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NECがIoT基盤を三菱電機に導入、レーザー加工機のリモート保守に使用

日川 佳三=ライター 2016/03/07 ITpro

 NECは2016年3月7日、各種のセンサー情報を収集して分析するIoT(モノのインターネット)パッケージソフトの事例第1号として、三菱電機が2016年4月に開始するレーザー加工機向けリモート保守サービス「iQ Care Remote4U」に採用されたと発表した。IoT技術によって、レーザー加工機の稼働状況がリアルタイムに確認できるとしている。

 NECは以前から「NEC Industrial IoT」の名称の下、IoT技術を用いて工場の生産効率を高めるシステムの開発や、IoT技術を埋め込んだ新しい工業製品の開発などに取り組んできた。こうした取り組みの中、三菱電機を含む複数のメーカーとの間でIoT活用における協業体制をとるとともに、IoTセンサーから情報を収集して分析する機能を共通パッケージ化した。

 レーザー加工機向けリモート保守サービスは、IoTパッケージを採用した第1号事例である。三菱電機が顧客に納入したレーザー加工機について、状態や加工実績、電力・ガス消費量などの情報を収集して蓄積し、見える化する。これにより、顧客のパソコンやスマートフォンなどからリアルタイムにレーザー加工機の障害や障害の予兆、加工予測時間などを確認できるようになる。

 今回の事例ではさらに、レーザー加工機の遠隔診断用にソフトウエアVPNサービスも導入した。三菱電機の保守員が、サービスセンタ―からだけでなく、外出先からでもソフトウエアVPNサービスを介して顧客のレーザー加工機に接続できるようになる。状態診断などができるほか、必要に応じてソフトウエアのバージョンアップや加工条件の変更などもリモートから実施できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る