• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

[MWC2016]パナソニックがWindows 10 IoTのTOUGHPADを展示

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2016/02/26 ITpro

 パナソニックは2016年2月22日から25日までスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2016」にブースを出展し、業務用4.7型ハンドヘルド端末「TOUGHPAD(タフパッド)」シリーズの新製品を展示した(関連記事:パナソニックが4.7型頑丈スマホ「TOUGHPAD」発売、流通・医療分野狙う)。

 「FZ-F1」は、Windows 10 IoT Mobile Enterpriseを搭載したモデル。Android 5.1.1搭載の「FZ-N1」も展示した(写真1、2)。

写真1●Windows 10 IoTモデル「FZ-F1」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Android 5.1.1搭載モデル「FZ-N1」
[画像のクリックで拡大表示]

 前モデルのFZ-E1/FZ-X1と比べて、本体は小型軽量化。重量は275gになった。背面形状が大きく変化し、バーコードリーダーを斜めに配置したことで本体の大部分を薄型化した。パナソニックの製品担当者は、「前モデルは耐久性が高い半面、大きすぎて持ちにくいという指摘が多かった。4.7型と画面を小型化し、横幅を細く、背面形状も持ちやすくした」と説明する(写真3)。

写真3●より持ちやすくなるよう本体形状を変更
[画像のクリックで拡大表示]

 これに伴い、バーコードリーダーの位置が本体上面から背面に移動。配置も斜めになった。「斜めに配置したことで、自然な持ち方でバーコード読み取り作業ができる。読み取り時の画面も見やすい」(製品担当者)とメリットを挙げた(写真4)。

写真4●バーコードリーダーは斜めに配置
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 耐久性については、前モデルが優れる。落下試験は前...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る