• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ケイオプがmineo法人契約でM2M/IoT向けコース、「上り高速」と「夜間専用」を用意

田中 正晴=日経ニューメディア 2016/02/23 日経ニューメディア

 ケイ・オプティコムは2016年2月23日、携帯電話サービス「mineo」法人契約において、M2MやIoTといった用途に向けた新サービスとして「M2Mアクセス」の提供を3月1日に開始すると発表した。

 同サービスでは、M2MやIoTといった用途におけるデータ通信の需要を考慮して、「上り高速コース」と「夜間専用コース」の二つのコースを設けた。

 上り高速コースでは、上りトラフィックには速度制限はなく、1日24時間利用できる。稼動状況の監視などリアルタイムデータの収集に向く。夜間専用コースでは、22時から6時までの夜間時間帯に利用を限定する分だけ、通信料は安価になる。速度制限はなく、夜間のバッチ処理によるデータ収集などに向く。

 初期費用は両コースともに契約事務手数料として3000円(税別、以下同じ)/回線が必要。月額利用料金は、上り高速コースが500円/月・回線(複数回線割適用後は450円)、夜間専用コースが350円/月・回線(同300円)である。

 M2Mの分野では、自動販売機での在庫管理や、配送車管理による配送時間の短縮などの用途を挙げる。IoTの分野では、「例えば小売業で店舗内の監視カメラが収集した画像を人工知能などの技術で分析し、顧客の動線を最適化し、嗜好の把握などに役立てる」「エレベーターに取り付けたセンサーが収集した情報をクラウド側で常時分析して故障の予兆を検知し、故障する前にメンテナンスを行う」などのを用途の例に挙げ、M2Mアクセスの開始により、こうした利用シーンへの対応を目指す。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る