• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

VodafoneとLiberty Global、オランダ事業統合で合意

鈴木英子=ニューズフロント 2016/02/17 ITpro

 英Vodafone Groupと米メディア大手Liberty Globalは現地時間2016年2月15日、両社のオランダ事業を統合することで合意したと発表した。

 折半出資による合弁会社を設立し、Liberty Globalが傘下のオランダZiggoを通じて提供しているTVサービスとブロードバンドサービス、および電話サービスと、Vodafoneのモバイルサービスを組み合わせる。オンランダ市場においてより競争力のある通信事業を展開し、法人および消費者に向けたサービス強化のためのデジタルインフラ、エンタテインメントサービス、プロダクティビティアプリケーションなどに投資する。

 新会社は、VodafoneおよびZiggoブランドのもとで運営し、530万人のモバイルユーザー、420万人のビデオユーザー、320万人のブロードバンドユーザー、260万人の固定電話ユーザーを抱えることになる。

 事業統合によりLiberty GlobalとVodafoneは、コスト、資本支出、および収入面で35億ユーロのシナジー効果を見込んでいる。2016年の終わり頃に手続きを完了する予定。

 英Reutersによると、両社は昨年、欧州7カ国における事業統合で協議していたが、交渉はまとまらなかった。しかし今年、オンランダのみに焦点を絞った話し合いを再開したという。

 欧州ではテレビ、無線、ブロードバンドなど複数のサービスを単一の事業者から導入する傾向が高まっている。このためコスト削減とサービス強化を目指して欧州通信事業者間の事業統合が進んでいる。オランダではこれまで、国内通信大手Royal KPN(KPN)のみが自社ネットワーク上でこうしたマルチサービスを展開しており、Liberty GlobalとVodafoneは事業統合によってKPNに対抗する構えだ(米Bloombergの報道)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る