• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

[CES2016]複数デバイスへのワイヤレス給電を披露、KDDIとOssiaが商用化を目指す

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2016/01/12 ITpro

 KDDIと米Ossiaは、2016年1月6日から米ラスベガスで開催中の「CES 2016」にブースを出展し、ワイヤレス給電技術「Cota」のデモを披露した(写真1、2)。

写真1●チャージャー(中央)からスマートフォンや単三電池型バッテリーを充電するデモ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●CES 2016に「Cota」を出展した米Ossia CEOのハテム・ゼイン氏(左)と、KDDI 執行役員 バリュー事業本部新規ビジネス推進本部長の雨宮俊武氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 Cotaは、Wi-Fiと同じ2.4GHz帯の電波を用いたワイヤレス給電技術で、チャージャーから最大10mの距離にある複数のデバイスに対し、同時に給電できる。給電対象のデバイスを「au ID」などで認証することで限定し、スマートフォンのアプリから給電のオン/オフを制御する機能も備える。安全性の面でもFCCなどの基準を満たしており問題ないという(写真3、4)。

写真3●CES 2016のブースでデモを行うゼイン氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●スマホアプリなどを用いて給電のオン/オフを制御
[画像のクリックで拡大表示]

 チャージャーからの出力は1Wと小さいものの、家庭内やオフィス、工場などにおける多数のIoTデバイスに給電できる点が強み。「スマホの充電をこれだけでまかなうのは難しいが、家庭内に常設するIoTデバイスの充電にも向いている」(雨宮氏)とする。また、屋外においても「公衆Wi-Fiスポットに入れていくなどして、至るところで充電できるようになる社会が来るのではないか」(同)と展望する。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Cotaでは給電だけでなく、同じ無線を利用して電...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る