• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

Facebook、「Messenger」でUberに車を手配する機能を米国でテスト

鈴木 英子=ニューズフロント 2015/12/17 ITpro
写真●FacebookのMessengerからUberに配車を依頼したところ
出所:Facebook
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2015年12月16日、メッセージングアプリケーション「Messenger」に、手軽に交通手段を手配する機能「Transportation」(写真)を追加したと発表した。米Uberが最初のパートナーとなり、ユーザーはMessengerの会話から離れることなくUberから車を呼ぶことができる。

 Transportation機能を使うには、Messengerの会話画面で「…」(その他メニュー)アイコンをタップしてTransportationを選ぶか、あるいはMessengerで直接Uberを検索し、Uberの配車手続きにアクセスする。乗車地、目的地、希望車種などを指定して車をリクエストすると、ドライバー情報が送られてくる。Messengerで会話している相手には、車を手配したことが通知される。車の追跡や乗車賃の支払いもMessenger内で行える。

 期間限定のキャンペーンとして、Transportation機能の初回利用で最大20ドル分の乗車賃を無料にする。なお、Messenger内でUberの車を手配、追跡、決済をするには、Uberに登録している必要がある。Messengerで直接Uberの新規登録も行える。

 Transportation機能は、米国内でUberがサービスを展開している地域の一部ユーザーを対象に現在テストを実施している。近いうちに米国以外にも拡大し、他の交通機関サービスを追加する計画という。

 Facebookは、「Weixin(微信)」(英語名:WeChat)や「LINE」「KakaoTalk」といったアジアのメッセージングアプリケーションに注目していると、米New York Timesは指摘している。これらアプリケーションはさまざまな機能が組み込まれ、単にメッセージのやりとりにとどまらない重要な役割をスマートフォン上で担い、生活の中心になっている。WeChatはすでに、中国配車サービスDidi-Kuaidiを統合している(米Forbesの報道)。

 米TechCrunchが入手した情報によると、MessengerのTransportation機能には2016年1月から米Lyftの配車サービスが加わる。またオランダKLMとすでに提携を結んでおり、来年、フライト予約サービスを利用可能にする予定という。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【速報】

    ついに破られた「SHA-1」、Googleが衝突攻撃に成功

     米Googleは現地時間2017年2月23日、ハッシュ関数「SHA-1」の衝突耐性を突く実用的な攻撃手段を初めて成功させたと発表した。同社は「SHA-1がもはや安全と言い切れないことが確実になった」とし、より強力な暗号化技術に移行するよう呼びかけている。

  • 【記者の眼】

    戦隊ヒーローが教えてくれた、プロジェクト成功の鉄則

     人気ドラマの完結後に抱く喪失感を、子供向けの戦隊ヒーローものドラマで味わった。年甲斐もなく熱心に視聴した理由は二つ。一つはストーリー構成の巧みさ。もう一つはシステム構築プロジェクトで重要性を増す「ステークホルダーマネジメント」に応用できる要素を見い出せたから。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る