• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米Nasdaq、「ブロックチェーン」を使う未公開株式取引システム「Nasdaq Linq」を発表

中田 敦=シリコンバレー支局 2015/10/28 シリコンバレー NEXT

 米Nasdaqは2015年10月27日(米国時間)、「BitCoin」などのバックエンドの仕組みである「ブロックチェーン」を使った未公開株式取引システム「Nasdaq Linq」を発表した。まずは米国の6社の株式未公開企業が、Nasdaq Linqを使用した株式の発行や売買を行う予定だ。

 Nasdaq LinqはNasdaqが2015年5月に開発表明をしたもの。同社のBob Greifeld CEO(最高経営責任者)が27日、米ラスベガスで開催中の「FinTech(金融とテクノロジー)」をテーマにしたカンファレンス「Money 20/20」の基調講演で、システムの正式名称と同システムを利用する企業6社を発表した(写真)。

写真●米NasdaqのBob Greifeld CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 Nasdaq Linqは、Nasdaqが運営する未公開株式取引市場「Nasdaq Private Market」に参加する株式未公開企業が使用するシステムとなる。Nasdaq Private Marketは、株式を公開していない企業の従業員などが、報酬として与えられた未公開株式を売買できるという場である。Nasdaqはこれまで、株式未公開企業が同市場に参加するためのクラウドベースのシステムとして「ExactEquity」を提供していた。

 今回発表したNasdaq LinqはExactEquityを補完するシステムで、株式取引の「台帳」を実現する技術としてブロックチェーンを使用する。ブロックチェーンはP2P(ピア・ツー・ピア)構成にした複数のコンピュータ上でトランザクション処理を実行するための仕組みで、BitCoinなどの「暗号通貨」のバックエンドとして使われている。

「ブロックチェーンは金融ITを一変させる」とNasdaq

 Nasdaq LinqはNasdaqがブロックチェーン技術を評価する目的で開発したテスト的なシステムだが、同社のGreifeld CEOはMoney 20/20の基調講演で「ブロックチェーン技術は金融市場のITインフラストラクチャーを一変させる可能性がある」と語り、同社がブロックチェーン技術に期待していることを強調した。

 Greifeld CEOは、「Nasdaqは第一にテクノロジーの会社であり、それに加えて金融テクノロジーの会社だ。当社の4000人の社員の内の半分、2000人がソフトウエア開発者だ」と語る。従来であれば株式取引システムのバックエンドには、ITベンダーが開発した商用データベース(DB)を使うところだ。ところがNasdaqはNasdaq Linqのシステムを、ブロックチェーン技術のスタートアップである米Chainと提携して自社開発した。既存の商用DBではなくスタートアップが開発する新技術を採用したNasdaq Linqは、「テクノロジーカンパニー」としてのNasdaqの力を対外的に示すものでもある。

 Nasdaq Linqは、同システムの開発に参加したChainや、電子マネーのスタートアップである米ChangeTip、暗号化台帳技術の米PeerNova、サイバーセキュリティの米Synack、メッセージングアプリケーションの米TangoMe、企業向けメッセージングアプリの米Veraの6社が利用する予定。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバー情報連携の本格運用はなぜ延期できたのか

     マイナンバー制度での情報連携とマイナポータルの本格運用が、計画の7月よりも3カ月程度遅れて10月ころの開始になることが決まった。総務省と内閣官房が連名で3月17日に発表した。両システムとも計画通り7月に稼働させるが、3カ月程度の「試行運用」期間を設け、その後に「本格運用」に移行する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る