• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTデータの猿田氏、分散処理ソフト「Spark」のコミッタに就任

中田 敦=シリコンバレー支局 2015/06/18 シリコンバレー NEXT

 NTTデータ 基盤システム事業本部の猿田浩輔氏(写真1)が2015年6月17日(米国時間)、米Apacheソフトウエアファウンデーション(ASF)が開発を主導するオープンソースソフトウエア(OSS)の分散データ処理ソフト「Spark」の開発の中心メンバーである「コミッタ」に就任した。日本企業からSparkのコミッタを輩出するのはこれが初めて。

写真1●Sparkのコミッタに就任したNTTデータ 基盤システム事業本部の猿田浩輔氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Sparkは、OSSの分散データ処理ソフト「Hadoop」の機能を補完するソフトとして、近年急速に注目が集まっている。Hadoopが大量データのバッチ処理に向いているのに対して、Sparkは機械学習のような高度なデータ分析を高速処理するのに向く。Hadoopの標準ストレージである「HDFS」に格納したデータに対して高速なデータ分析処理が実行できるため、SparkとHadoopを併用するユーザーが多い。2015年6月15日から17日までサンフランシスコで開催された「Spark Summit」では、米Uber Technologiesや米Airbnb、中国Baidu、トヨタ自動車の米国法人などが、Sparkの導入事例を発表している。

 NTTデータは2014年から、Sparkを大規模環境で運用する検証などを行っている。猿田氏は、検証の結果分かったSparkの問題点などを改善する活動を進めており、その貢献が認められてSparkのコミッタに就任した。コミッタは、プログラムのソースコードに対する変更を承認する権限を持ち、OSS開発においてリーダー的役割を果たす立場だ。猿田氏が開発したSparkの運用状況を可視化する機能「Time Line Viewer」(写真2)は、ASFが6月11日にリリースした最新版「Spark 1.4」に搭載された。

写真2●猿田氏が開発し、「Spark 1.4」に搭載された「Time Line Viewer」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTとNTTデータからは2014年12月に、3人のエンジニアがHadoopやその関連プロジェクトのコミッタに就任している(関連記事:NTT/NTTデータから3氏がHadoopや関連プロジェクトの「コミッタ」に就任)。NTTデータとしては、HadoopやSparkのコミッタを社内から輩出することを通じて、ビッグデータ処理基盤の構築/サポートに関する技術力を高める考えだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る