• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Google、モバイル検索のアルゴリズム変更“モバイルゲドン”を実施

鈴木 英子=ニューズフロント 2015/04/22 ITpro
画像●スマホに最適化されていれば、検索順位が上がる
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2015年4月21日、モバイル検索におけるアルゴリズム変更を予定通り開始した。モバイルフレンドリーと判断されたWebページを検索結果でより上位に表示する(画像)。

 Googleはモバイル端末での検索において、Webサイトがモバイルに対応しているかどうかを検索ランキングの指標として採用することを2月末に告知していた。つまり、モバイル対応が不十分なサイトは検索結果の表示順位が下がることになり、多くのサイトに広く影響を及ぼすことから、同変更は「Armageddon(アルマゲドン)」をもじって「Mobilegeddon(モバイルゲドン)」とも呼ばれている(関連記事:Googleのモバイル検索アルゴリズム変更、大手サイトにも影響)。

 Googleは、モバイルフレンドリーと見なす条件として、タップやズームなどをしなくても読みやすいテキスト、タッチ操作しやすいよう配置されたタップ要素などを挙げている。

 アルゴリズム変更は、世界中の全言語を対象に段階的に実施する。スマートフォンからの検索結果に影響し、タブレットとデスクトップ検索には影響しない。モバイルフレンドリーに基づく指標は、Webサイト全体ではなく、個々のページに適用される。

 Googleは、「今回のアップデートは重要なものだが、当社は検索結果の順位付けにさまざまなシグナルを使っている。検索クエリーの意味は依然、大変強力なシグナルの1つだ」と述べ、モバイルフレンドリーではなくても、クエリーに応じた優れたコンテンツを持つWebページは上位に表示される可能性があることを強調した。

 新たなアルゴリズムは2011年に登場した「Panda」アルゴリズムより影響が大きく、ランキングが変動するサイトは数百万にのぼるとみられる。米Forrester Researchの調査によると、従業員1000人以上の企業のWebサイトのうち、38%はGoogleのモバイルフレンドリー基準を満たしていない(米Mashableの報道)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    脳から学べば汎用AIの実現は近い、開発を萎縮させない議論を

     ドワンゴ人工知能研究所の山川宏所長は、最新の脳神経科学の成果を取り込んだ、汎用AIの研究開発に取り組んでいる。実現する手法として提唱するのが、脳が持つ部位ごとの機能をコンピュータに模倣させ、各機能を連携させることで汎用性の高い知性を実現するという「全脳アーキテクチャ(WBA)」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る