• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Google、AndroidのVRデバイス向けバージョンを開発か

鈴木 英子=ニューズフロント 2015/03/09 ITpro
GoogleのAndroid開発者向けWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleが仮想現実(VR)機器向けのOS開発プロジェクトを進めていると、複数の海外メディア(米PCWorld英Financial Timesなど)が現地時間2015年3月7日までに報じた。

 最初にこれを伝えた米Wall Street Journalによると、Googleは、米Facebookが昨年3月にVRヘッドセットを手がける米Oculus VRを買収(関連記事:Facebook、バーチャルリアリティー技術の米新興企業を約20億ドルで買収)したことを受け、AndroidのVR機器向けバージョンを開発するチームのメンバーを集めていた。

 チームは数十人のエンジニアとその他スタッフで構成され、製品管理部門担当バイスプレジデントのClay Bavor氏とビデオ技術を専門とするエンジニアリングディレクターのJeremy Doig氏が指揮を執る。Bavor氏は簡易型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Cardboard」の開発に関わった人物という。

 開発したVR機器向けOSは無料配布する予定で、スマートフォン市場において大幅に普及したAndroidの戦略に倣う方針だ。Googleは2014年3月にウエアラブル端末向けOS「Android Wear」を発表したが(関連記事:GoogleのウエアラブルOS「Android Wear」、LGやMotorolaがスマートウォッチを投入へ)、こちらはそれほど普及が進んでいない。

 VR分野には多くの大手技術企業が注目している。韓国Samsung ElectronicsはHMD型VRデバイス「Gear VR」を発売、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は「Morpheus」開発プロジェクトを進めている。このほか、米Microsoftは立体映像用デバイス「HoloLens」を発表している。

 Facebookは2月に、Oculus事業の推進を図り、Googleの高度研究部門「Google X」からディスプレイ技術の専門家であるMary Lou Jepsen氏を引き抜いている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る