• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米特許取得ランキングはIBMが22年連続首位、以下Samsung、キヤノン、ソニー、MS

鈴木 英子=ニューズフロント 2015/01/13 ITpro

 特許関連の情報サービスを手がける米IFI CLAIMS Patent Servicesは現地時間2015年1月12日、米特許商標局(USPTO)が発行した特許件数のランキングを発表した。2014年の発行件数は過去最多の30万678件で、前年(関連記事)と比べ8.2%増加した。米IBMが初めて特許取得件数7000件を突破し、22年連続で首位の座を維持した。

 IBMが2014年に取得した米国特許は7534件で、前年を10.6%上回った。2位は韓国Samsung Electronics(4952件)、3位はキヤノン(4055件)、4位はソニー(3224件)、5位は米Microsoft(2829件)と、トップ5は昨年と変わらなかった。以下、東芝(2608件)、米Qualcomm(2590件)、米Google(2566件)、韓国LG Electronics(2122件)、パナソニック(2095件)と続いた。

 Googleは取得件数が昨年より38.6%増加し、3ランク上昇した。11位の米Apple(2003件)は同12.8%増で2ランク順位を上げた。

 米Amazon.com傘下のAmazon Technologiesと中国Huawei Technologies(華為技術)はそれぞれ50位と48位となり、初めてトップ50圏内に入った。

 台湾TSM(35位から23位)が大幅に順位を上げた一方、台湾Hon Hai Precision Industry(8位から18位)と日立製作所(26位から38位)、ルネサスエレクトロニクス(46位から64位)などは大きく順位を下げた。

 上位50社では、米国企業の19社が最も多く、日本の18社がこれに続いた。50社中42社は、前年より特許取得件数が増えた。

 また、全体のうち米国外の特許取得者の割合は49.1%で、2013年の49.4%からわずかに減少したが、過去5年間ほぼ変わらない。日本が占める割合は18.1%で、過去5年間に2.5ポイント減少した。中国の割合は倍増したが、全体の約2%にとどまる。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る