• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ジャストシステムがATOK 2015などを発表、iOS版開発には苦戦

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2014/12/02 ITpro

 ジャストシステムは2014年12月2日、都内で新製品発表会を開催し、日本語ワープロソフト「一太郎2015」や、日本語入力システム「ATOK 2015」などを披露した。いずれも2015年2月6日に発売する(写真1)。

写真1●ジャストシステムが「ATOK 2015」「一太郎2015」など新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会にはジャストシステム 代表取締役社長の福良伴昭氏が登壇。2015年に30周年を迎えるという一太郎の歴史を振り返った(写真2)。

写真2●ジャストシステム 代表取締役社長の福良伴昭氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「一太郎の前身となるjX-WORD太郎を発売したのは1985年のこと。その後、日本一のワープロソフトになるよう願って名付けた一太郎を発売した」(福良氏)と振り返った。当時、福良氏自身も開発メンバーだったというエピソードを披露し、「お客様からの大きな反響を糧に、夢中で開発に取り組んできた。今後も情報端末の進化に合わせ、一太郎はユーザーの思考と表現を支援するソフトウエアとして進化を続けていく」(同)と展望を語った。

ATOK 2015は変換機能が向上、新サービス「ナントカ変換」も

 ATOK 2015については、ジャストシステム CPS事業部 開発部の下岡美由紀氏が登壇。2014年を振り返り、「ATOKにとって大きな年となった。Windows、Mac、Androidに加え、iOS版を提供することができた」と語った(写真3写真4)。

写真3●ジャストシステム CPS事業部 開発部の下岡美由紀氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●ATOKのプラットフォーム対応が拡大、新たにiOS版が加わった
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ ATOK2015は、Windows版を2月6日よ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る