• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

統計&調査

[データは語る]2020年にはクライアント仮想化関連市場は6611億円にまで成長ーIDC

下玉利 尚明=タンクフル 2016/06/29 日経コンピュータ
国内クライアント仮想化ソリューション市場 売上額予測、2015年~2020年
出所:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2016年6月29日、国内クライアント仮想化関連市場に関する調査結果を発表した。同社は、2015年~2020年の同市場の年間平均成長率(CAGR)を8.0%と分析し、2020年には6611億円にまで拡大すると予測した。

 同社では、2016年にはマイナンバー制度の導入にともない、情報漏洩対策を中心としたセキュリティ対策が進み、自治体や金融機関などにクライアント仮想化の採用が進んでいると指摘。

 2020年の法人向けクライアント市場におけるクライアント仮想化導入率が42.3%まで拡大すると予測している。その背景には、クライアント仮想化ソフトウェア技術の進歩、ネットワークインフラ基盤の拡大、全業種への普及があると分析した。

 同社ではクライアント仮想化市場の動向について、2016年から新潮流であるクライアント仮想化第4世代が始まっていると指摘。中核を形成するワークスペースは、仮想デスクトップをベースに、モバイル、Web、認証、次世代セキュリティ、コンテナなどを取り込み、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションなど様々なアプリケーションが共存する形態となるという。

 バックエンドシステムにはサーバー仮想化/ストレージ仮想化/ネットワーク仮想化など様々な仮想化技術が採用される。同社は、ワークスペース出現の背景には、ユーザー企業を取り巻くエンドポイント環境の高度化/複雑化/多様化があると指摘している。

 オフィスでの定型業務利用を中心に、勘定系/在庫管理/流通管理など用途が拡大しているほか、病院、工場、店舗、大学など使用場所も拡大。在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイルワーク、リモートワークなど働き方の多様化など、それぞれでの活用が進んでいるという。

IDCの発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る