• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

統計&調査

[データは語る]法人向けタブレットの世界市場は堅調、2020年まで6%の成長率で推移

小久保 重信=ニューズフロント 2016/03/17 ITpro

 米国の市場調査会社米Strategy Analyticsが現地時間2016年3月16日に公表したタブレット端末に関するリポートによると、昨年第4四半期(2015年10~12月)における、法人向けタブレット端末の世界出荷台数は2630万台となり、前の四半期から36.7%増と急伸した。

 昨年の法人向けタブレット端末の年間出荷台数は前年に比べ7%減少しており、これは主に、パーソナル・ライアブル(個人が自費あるいは経費で購入し業務に利用する)タブレットの伸びが減速していることが要因。一方で、コーポレート・ライアブル(法人が職員に支給し管理する)タブレットは出荷台数が大幅に増えている。今後もこの傾向は続き、この市場は堅調に成長していくとStrategy Analyticsは予測している。

 同社の推計によると、法人向けタブレット端末の世界出荷台数は今後、年平均6%の成長率で伸び、2020年には1億1020万台に達する見通し。このうちパーソナル・ライアブル・タブレットの年平均成長率(CAGR)は5%、コーポレート・ライアブル・タブレットは同7%で推移すると同社は見ている。

 Strategy Analyticsのシニアアナリスト、Gina Luk氏は「タブレット端末の市場は全般的に飽和状態に達しており、成長は鈍化している。だが法人市場には明るい材料がある」と述べている。同氏はその理由として、デスクトップパソコンやノートパソコンからの2-in-1型タブレットへの移行、アジア太平洋地域(APAC)や中東・アフリカ地域(MEA)における急速な伸びを挙げている。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る