• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

統計&調査

[データは語る]コンタクトセンター/CRM市場は年平均3.9%で堅調推移、2017年度に4860億円―矢野経済

下玉利 尚明=タンクフル 2016/01/26 日経コンピュータ
コールセンター(テレマーケティング)市場規模推移と予測
(出所:矢野経済研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 シンクタンクの矢野経済研究所は2016年1月26日、国内のコールセンター市場とコンタクトセンター/CRMソリューションに関する調査結果を発表した。2012年度から2017年度のコールセンター(テレマーケティング)市場が年平均成長率(CAGR)1.8%で推移すると分析。2017年度には8637億円に達すると予測した。

 一方、2012年度~2017年度のコンタクトセンター/CRMソリューションの市場は、年平均成長率(CAGR)3.9%で推移し、2017年度には4860億円にまで拡大するという。

 2014~2015年度のコンタクトセンターソリューション市場は堅調に推移すると分析。2016年度以降も安価なクラウドサービスを中小企業が導入していくほか、大手企業もWeb経由の顧客からのコンタクト(問合せ、苦情等)と電話対応を融合させた新たな顧客サポート体制の強化を図るためにシステムを拡充していくことから、一定以上の成長を示すと指摘した。

 2014~2015年度のコンタクトセンター/CRMソリューション市場の動向についても分析した。前年度よりは伸び率が鈍化したものの比較的堅調に推移。アウトソーシング事業者による大口の新規導入案件こそ少なかったが、一般企業の自社内におけるコンタクトセンターでの導入が増加しているためという。一般企業のオフィスでの導入も進んでおり、通話録音などの周辺機器を拡充する企業が増加していることも成長要因になっているという。

 コンタクトセンター市場の動向については、コンタクトセンターのリプレースを契機に、要件の異なる複数の顧客応対窓口や複数拠点に分散している窓口を集約化する動きが出てきていると指摘。BCP(事業継続計画)対応から、コンタクトセンターの分散配置や拠点間連携などの動きも顕在化しているという。こうした動きの中で、他のシステムやバックオフィスと連携し、システムを一元管理する事例が増加していると分析している。

 2016年度以降の動向については、競合企業間でのソリューションの機能面の差異がなくなってきていることを背景に、価格競争が激しくなると予測。クラウド型の安価なサービスがサービス単価自体の低下を招くため、成長率は鈍化していくと分析している。

矢野経済研究所の発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る