• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

HP、3Dプリンター技術「Multi Jet Fusion」を発表

鈴木 英子=ニューズフロント 2014/10/30 ITpro
写真1●「Multi Jet Fusion」を搭載した3Dプリンター
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●3Dスキャナー付きデスクトップパソコン「Sprout」の紹介サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Hewlett-Packard(HP)は現地時間2014年10月29日、3Dプリンター向け技術「Multi Jet Fusion」を発表した。同技術を用いた3Dプリンターを2016年にリリースする予定(写真1)。

 Multi Jet Fusionは、「現在市場で売られている最速の3Dプリンターより10倍高速で、コストや消費電力を大幅に削減する」という。

 1点ずつ構築していく従来の3Dプリンティングに対して、Multi Jet Fusionは表面全体を構築することで高速化を実現する。同時に複数の材料を用いて、質感や強度、弾力性なども含めて精度の高い出力物を提供できるとしている。また、同社がこれまでカラープリンターで培ったフルカラーの知識と技術を将来の3Dプリンターにも応用していくという。

 同社はそのほか、3Dスキャナー付きデスクトップパソコン「Sprout」も発表した(写真2)。物体をスキャンするプロジェクター「Sprout Illuminator」を搭載し、23インチのHDタッチスクリーンと20ポイントマルチタッチ対応のタッチマットで構成される。

 OSは「Windows 8.1」を採用し、米Intel製「Core i7」プロセッサ、1Tバイトのストレージを内蔵する。同日より注文の受付を開始しており、11月9日に発売する。米国での希望小売価格は1899.99ドル。

 なお、HPは2015年末までに企業向け事業とパソコンおよびプリンター事業を別会社として分割する方針を今月初めに発表している(関連記事:HPの会社分割、企業向けはHewlett-Packard EnterpriseでPC/プリンターはHP Inc.)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る