経営のトピックス-PR-

岩手県がスマホゲーム「Ingress」を観光振興などに活用

県庁内に研究会を発足、来年以降の施策実施を目指す

2014/09/24
山田 剛良=日経NETWORK (筆者執筆記事一覧
写真●米Googleが提供中の位置情報を利用したスマートフォン向けゲーム「Ingress(イングレス)」
[画像のクリックで拡大表示]

 岩手県は米Googleが提供中の位置情報を利用したスマートフォン(スマホ)向けゲーム「Ingress(イングレス)」(写真)を、観光振興や地域活性化に活用する試みを始めると2014年9月24日に発表した。25日に広報や観光、復興推進などの担当者10人を集めた研究会を県庁内に発足、初会合を開く。ゲームのプレーヤーを狙った誘致イベントの開催や情報発信への活用方法を検討、来年以降の実施を目指す。自治体がIngressの活用に動き出すのは全国で初めて。

 25日に発足するのは「岩手県庁Ingress活用研究会」。IngressはGoogleが2013年11月から提供しているスマホの位置情報機能を活用したゲーム。緑と青の2チームに分かれ、実在する場所に紐付けられた「ポータル」と呼ぶ拠点を奪い合う陣取りゲームである。今年7月にiOS版が公開されて以降、iPhoneの普及率が高い国内でもプレーヤーが増えている。Googleによると、全世界で既に500万ダウンロードを超えており、国内のプレーヤー数は世界で3位以内に入る規模という。

 Ingressのポータルは神社や仏閣、公共施設、街角のユニークな建造物などに紐付けられており、スマホのアプリを通じて操作する。このためプレーヤーはスマホを持って実際に現地に出向く必要がある点が従来のスマホゲームと異なる。また、プレーヤーはゲーム内のチャット機能などを使って連絡を取り合い、集団で行動することも盛んに行われている。こうした特性を利用すれば、プレーヤーを地域の名所や被災地に呼び寄せるイベントなどの開催により、新たなタイプの地域活性化、情報発信が可能になると県は判断した。

 研究会は年内に3回程度の会合を開き、Ingressの具体的な活用手法や課題を検討する。被災地の特定地域に臨時のポータルを多数設置してプレーヤーに楽しんでもらうイベントの開催や、三陸ジオパーク、宮沢賢治、遠野物語の関連など、岩手県ならではのポータルを巡るツアーの開催といったアイデアが既にある。実現手法や課題などを検討。来年以降の具体的な施策につなげる予定だ。

■変更履歴
当初、タイトルおよび本文の一部にコロプラの商標である「位置ゲー」という言葉を使っておりましたが、同社からの申し入れにより削除しました。本文は修正済みです。[2014/09/25 16:30]

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro EXPO 2016

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

実機を使って体験!ネットワークコマンド集中講座

Window7/8.1対応!
1日でコマンドの使いこなしとトラブル対応をマスター【9/15開催】