• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

業務アプリをタッチ対応にするコンポーネント、グレープシティが発売

日川 佳三=日経コンピュータ 2014/09/16 日経コンピュータ
写真1●Visual Studio上で、TouchToolkitのコンポーネント「C1Zoom」を既存のアプリケーションにドラッグ&ドロップで追加した画面(出典:グレープシティ)
[画像のクリックで拡大表示]

 グレープシティは2014年9月16日、Windowsアプリケーションを開発するための機能コンポーネント群「ComponentOne Studio」の新バージョン「2014J v2」を発売した。新版では、業務アプリケーション資産をドラッグ&ドロップ操作だけでタッチ対応アプリケーションへと作り変えるコンポーネント「TouchToolkit」を追加した。開発会社は、米ComponentOne。

 今回、ComponentOne Studioに追加したTouchToolkitとは、Windows Forms(.NET Framework環境で使える画面開発APIの主流)を使って開発した業務アプリケーションの資産を、タッチ対応のアプリケーションへと作り変えるコンポーネントである。既存のWindows FormsアプリケーションをVisual Studioで開き、ここにTouchToolkitをドラッグ&ドロップするだけでタッチ対応になる(写真1)。

 TouchToolkitには、7個のコントロール部品が含まれる。これらを既存のアプリケーションに追加するだけで、ピンチズーム、スワイプ、パンウィンドウ、拡大鏡といったタッチデバイス特有の操作ができるようになる(写真2)。また、アプリケーションのレイアウトを一切変更することなく、実行時にアプリケーションのウィンドウサイズに追従して画面全体を拡大したり縮小したりできる。

写真2●拡大鏡(左)とパンウィンドウ(右)の機能を追加したアプリケーション画面(出典:グレープシティ)
[画像のクリックで拡大表示]

 TouchToolkitは、ComponentOne Studioの三つのエディションに含まれる。それぞれの価格(8%消費税込み)は、開発ユーザーライセンスの場合、Windows Forms専用の「ComponentOne Studio for WinForms」が初年度10万8000円、上位製品の「ComponentOne Studio Enterprise」が初年度16万2000円、最上位の「ComponentOne Studio Ultimate」が初年度19万4400円。1年単位の更新費用は、それぞれ初回費用の40%。

 TouchToolkitを使ってタッチ化したアプリケーションを配布/利用するには、別途ランタイムライセンスが必要になる。費用は、10ライセンスで10万8000円、100ライセンスで64万8000円、500ライセンスで216万円など。なお、TouchToolkitは単体として「MultiTouch for Windows Forms」の名称で2013年8月28日から提供している(開発ユーザーライセンスで3万2400円)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る