• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ドコモが新料金プランを拡充、通信量の未使用分を翌月に繰り越し

榊原 康=日経コミュニケーション 2014/09/08 日経コミュニケーション
写真●NTTドコモの新料金プランの紹介ページ。
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2014年9月8日、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」のメニューを拡充すると発表した(写真)。データ通信量が月8Gバイトの「データLパック」を個人向けのメニューに追加するほか、使わなかったデータ通信量を1Gバイト単位で翌月に繰り越せる「パケットくりこし」を導入する。

 データLパックの料金は月6700円で、9月19日に提供を開始する。個人向けはこれまで、毎月のデータ通信量が2Gバイトの「データSパック」と、同5Gバイトの「データMパック」だけだった。長期契約者向けの割引額は、プレミア(10年以上)の場合で月600円引き、グランプレミア(15年以上)の場合で月800円引きとなっている。

 パケットくりこしは10月1日に提供を始め、10月以降の未使用分から翌月に繰り越しとなる。個人向け「データSパック」と、らくらくスマートフォン向け「らくらくパック」には適用できない。繰り越しの対象は「パケットパック」の未使用分で、翌月の使用順序は「パケットパック」「ボーナスパケット」「パケットくりこし」「追加購入分」になるため、翌月の通信量も少なければ繰り越しても使わないで終わることになる。

 このほか、「1GB追加オプション」と「スピードモード」で追加購入したデータ通信量の使用期間についても、現在の「購入月の末日まで」から「購入月の翌月の末日まで」に延長する。

 なお、ソフトバンクモバイルも新料金プラン「スマ放題」で「データくりこし」を提供しているが、現状は「家族データシェア」「2台目データシェア」「U25ボーナス」と併用できない。NTTドコモは「家族まとめて、くりこせるのはドコモだけ!」としてアピールしていく。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る