• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日本NCRがiPad POSレジに参入、同一端末から顧客管理も

矢口 竜太郎 2014/09/02 日経コンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●RES MeXクライアントの画面

 日本NCRは2014年9月2日、新しい店舗システム「NCR RES MeX」を発表した。POSレジ機能、CRM(顧客関係管理)機能、在庫管理機能などを搭載する。iPadから操作できることが特徴(写真1)。これにより、店員が接客する際に、iPad上で商品の在庫を調べたり、購買履歴を確認したりできる。そのまま決済することも可能だ。「日本法人が開発したソリューションだが、グローバルに販売していきたい」と日本NCRの諸星俊男代表取締役社長兼CEOは話す。

 NCR RES MeXのシステム構成は、本体の「RES MeXホスト」と、iPad上に専用クライアントソフトを動作させた「RES MeXクライアント」からなる。両者は無線LANで通信する。

 RES MeXクライアントには、バーコードスキャナーやクレジットカードの読み取り機といった周辺機器をBluetoothで接続する。売り上げデータをRES MeXクライアントからRES MeXホストに送ることで決済する。RES MeXホストにも、ディスプレイやバーコードスキャナー、レシートプリンターといった周辺機器を接続すれば、以前からある据え置き型のPOSレジと同様に使うことができる(写真2)。

[画像のクリックで拡大表示]
写真2●RES MeXホストに周辺機器を接続した例

 「RES MeXホストとRES MeXクライアントの組み合わせ方を変えることで、柔軟なシステム構成が可能」と日本NCRの池田裕之流通ビジネス事業部リテールマーケティング部長は説明する。例えば、既存のレジカウンターとiPadによる決済を併存するケースや、既存のレジカウンターを廃止し、iPadによる決済だけにするケースなどを選択できる。

 CRM機能や在庫管理機能は、別途構築した本部サーバーと連携することで実現する。本部サーバー内にある、顧客の購買履歴データや在庫データを、RES MeXホストを経由することでRES MeXクライアントに表示する。ECサイトシステムで利用している商品画像データを取り込むことで、RES MeXクライアント上に商品カタログを表示することもできるという。

 価格について池田部長は「RES MeXホストとRES MeXクライアントのソフトライセンスはそれぞれ10万円以下だが、カスタマイズや他システムとの連携部分の構築などが含まれるため、導入費用は一概に言えない」と説明する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る