• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Windowsのパッチに不具合、PCが起動しなくなる恐れあり

勝村 幸博=日経コンピュータ 2014/08/18 日経コンピュータ
画面●復旧手順の一部(日本マイクロソフトの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2014年8月16日、8月13日に公開した更新プログラム(パッチ)に不具合があることを明らかにした。適用すると、PCが異常終了したり、起動できなくなったりする恐れがあるという。該当のパッチは公開を中止。同社では、問題が発生した場合の対処法をWebで公開している。

 適用すると問題が発生する恐れがあるのは、以下の4種類のパッチ。

  • [MS14-045]カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム(KB2982791)
  • Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows(KB2970228)
  • August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2(KB2975719)
  • August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012(KB2975331)

 これらのいずれかを適用すると、「Stop 0x50」エラーが発生し、PCが異常終了する場合がある。また、このエラーはPCの再起動後にも発生し、起動に失敗する恐れもあるとしている。

 対策は、これらのパッチをアンインストールすること。日本マイクロソフトでは、具体的な手順をWebサイトで公開している。

 まず、PCの起動に失敗する場合には、DVDなどのインストールメディアを使ってPCを起動し、「スタートアップ修復」や「システムの復元」を利用して、システムをパッチ適用前の状態に戻すことを推奨している。

 この方法がうまくいかなかった場合には、「セーフモード」でPCを起動し、コマンドプロンプトから「fntcache.dat」ファイルを削除(画面)。その後、PCを再起動し、レジストリエディターで「C:\xxx\xxx\xxx.otf」のようにフルパスで指定されていて拡張子が「otf」のレジストリを削除し、再度「fntcache.dat」ファイルを削除。それから、「コントロール パネル」の「プログラムと機能」などから「インストールされた更新プログラム」を選択し、問題のパッチ「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」をアンインストールする。詳細は、同社のWebサイトを参照してほしい。

 問題のパッチは、現在では公開を中止しているので、Windows Update(Microsoft Update)を実施しても適用されない。8月16日にWindows Updateから取り下げられたもようなので、8月13日から8月15日までにWindows Updateを実施したPCには、問題のパッチが適用されている可能性がある。同社では、問題が発生していないPCにおいても、予防的処置のために、これらのパッチをアンインストールすることを推奨している。

【2014年8月28日追記】日本マイクロソフトは2014年8月28日、不具合を修正したパッチを公開したことを明らかにした(関連記事:マイクロソフト、「PCが起動しなくなるパッチ」の修正版を公開)。

[日本マイクロソフトの情報]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る