• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

日経パソコン編集部 2017/06/20 日経パソコン
出典:日経パソコン 2017年6月12日号 p.11
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

米アマゾン・ドット・コムが提供するクラウドを介した音声認識サービス。2015年にプログラム開発用キットを公開し、「Skills」(アプリ)が爆発的に増加。次世代音声サービスの主役と目されている。

 米アマゾン・ドット・コムの「Alexa」は2014年に対応機器の「Amazon Echo」とともに発表された。米アップルの「Siri」、米グーグルの「Googleアシスタント」、米マイクロソフトの「Cortana(コルタナ)」同様の音声認識サービスだ。

 アマゾンのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」によって解析を行い、対応機器を介して自動で検索を行ったり、機器の操作ができたりする。例えば音楽が聴きたい場合は、Wi-Fiでネット接続したAmazon Echo に“Alexa, play music”と呼びかけると、いくつかの音楽サービスから最適な音楽を流してくれる。

 アマゾンでは2015年には総額1億ドルにも及ぶ開発用途の基金を設立。並行して開発者向けにSDK(プログラム開発キット)を公開した。これによりSkillsと呼ばれるAlexa用アプリが続々と開発され、スマートフォン(スマホ)のアプリストア同様のストアを開設。2017年2月にはSkillsの数が1万個を超えた。

 今までの音声認識サービスはスマホやタブレットなどスマートデバイスにひも付く場合が多かったが、Alexaは一気に領域を広げている。家電見本市の「CES 2017」では700を超える対応機器が展示され、自動車への搭載も見られた。

 Amazon Echoも進化を重ね、2017年5月にはディスプレイが付属する「Echo Show」を発表。映像の閲覧はもちろん、照明や室温の調節、防犯カメラのモニタリングもできる。さらにアマゾンの当日配達便サービス「Prime Now」にAlexa対応機器から音声で注文できるなど、生活全般のフォローを狙う。だが2017年5月中旬時点では、Alexaは英語とドイツ語のみに対応。Amazon Echoの日本発売時期は未定だ。

進化を続けるAlexa
最新の対応機器「Echo Show」はディスプレイを搭載した
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る