• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー&トーク

シスコの買収は、破壊的な動きを捉えて仕掛ける

米シスコシステムズ Vice President, Corporate Development Derek Idemoto氏

菊池 隆裕=日経BPイノベーションICT研究所 2016/12/27 日経BP総研 イノベーションICT研究所

 このところ、日本企業が米国のシリコンバレーに拠点を構え、現地のスタートアップ企業との連携を図ろうとするケースが増えている。シリコンバレーに本社を置く米シスコシステムズは、過去20年にわたり買収や出資を通じて成長を続けている。同社でM&A(合併・買収)事業を手がけるVice President, Corporate DevelopmentのDerek Idemoto氏に現在の注目領域や、M&Aを生かした企業成長のノウハウなどを聞いた。

(聞き手は菊池 隆裕=日経BPイノベーションICT研究所


シスコは買収や出資、連携をうまく生かして企業の成長につなげてきました。企業買収が盛んな米国でも教科書的に語られるほどと聞いています。現在は、どの分野に注目していますか。

Idemoto氏 注目分野を語る前に、シスコのイノベーションについての考えを説明します。長年の経験から、M&Aと出資はイノベーションのツールだと考えています。

米シスコシステムズのDerek Idemoto氏
(出所:米シスコシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 と言うのも、「価値ある新しい製品」を創りユーザーに届けるには、外部の優れた企業を買収したり、販売網や宣伝手段を得るためにパートナー化したりする必要があると考えるからです。さらに、投資したり共同開発したりする手段もあります。

 イノベーションのカギとなるのは、市場の変化や破壊的な予兆を的確に捉えることです。これがシスコが最も注目することです。

 この観点で言うと、IoT(インターネット・オブ・シングズ)に関しては過去最大級の市場の変革要素だと捉えています。

 IoT領域の大きな買収事例としては、米ジャスパーテクノロジーズというIoTのプラットフォーム企業があります。この企業以外にもたくさんの投資と共同開発を進めています。連携先は、必ずしも若い会社とは限らず、ファナックのような成熟企業の例もあります。

IoTが特に注目に値する理由は何ですか。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Idemoto氏これまでインターネットにつながっ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る